読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今はまだちっぽけな花だけど…

JUMPさんの活躍を見守るのが生きがいなヲタクのblog Twitter @arichineru

【文字起こし】JUMP da ベイベー! 14年5月10日

 【JUMP da ベイベー! 2014年5月10日】
※名前が出てくるメンバー:山田涼介 岡本圭人 知念侑李


 《オープニング》

有:こんばんしゃく!JUMP da ベイベー!をお聴きのみなさんHey! Say! JUMPの有岡大貴です!
髙:高木雄也です!
有:さあ、本日5月9日は、なんといってもねあの日じゃないですか
髙:あの日ですか?
有:あの日だよ
髙:えっ?
有:何の日かわかるでしょ?わかってるでしょほんとは?
髙:わかってるよ
有:ね
髙:うん、わかってるよ
有:そう
髙:えっでしょ?
有:そうあれだよ
髙:合ってるよね?
有:合ってると思う
髙:うん
有:じゃあ発表しましょうか
髙:はい
有:本日5月9日はなんと!...Hey! Say! JUMP東京ドーム公演の前日です!!(笑)
髙:イェーイ!!へっへっへ(笑)
有:てのは冗談で(笑)
髙:はい(笑)
有:メンバーのね山田涼介の21か
髙:21歳、えぇ!?
有:21歳の誕生日でございます!
有髙:おめでとう!!
髙:おめでとうございます!
有髙:21歳
髙:山田21かぁ。大人だなもう
有:大人だね
髙:あんなちっちゃかったのに...
有:ちっちゃい頃から知ってたのに...
髙:21かぁ...
有:ふはっはっはっは(笑)いや、21かぁってなるとこじゃないからね(笑)
髙:あはっはっは(笑)
有:祝福するとこだからね(笑)
髙:えへっへ(笑)おめでとうございます!
有:おめでとうございまーす!いやぁねほんとに素敵な1年にしてほしいですね
髙:そうですね
有:変わらずあのままで
髙:無邪気で
有:さあ、ちょっとさっきも言ったけどね、東京ドーム公演の
髙:ほんとに前日だよ
有:前日でございますよ
髙:いやもう、だいぶ固まってきたからね
有:もうそれはね前日だからね固まってなきゃまずいですよね(笑)
髙:固まってきたっていうかもう固まってます!
有:後はもうあの
髙:みなさんの前でやるだけ!
有:そう。リボン解いてこう箱開くだけって感じですよね?
髙:そうですよぉ。いやぁ(笑)
有:ふっふ(笑)
髙:何を言ってるんだ俺は!(笑)
有:でもねぇきっとねほんとにもう、盛り上がるだろうなあ
髙:みんなも一緒に参加できるナンバーみたいなのもあるんで
有:そうそう、いろんなとこも、参加型な部分もいろいろ用意してますのでね
髙:思う存分はしゃいじゃってください!
有:ご来場される方はぜひね楽しんでください!
髙:はい
有:さあではここでJUMP da ベイベー!今夜の1曲聴いていただきたいと思います!Hey! Say! JUMPでHands UP

 ~Hands UP/Hey! Say! JUMP

有:さあ、Ride With Meのねカップリングに収録されたこの曲ですが
髙:はい
有:この曲もきっとライブで東京ドームでお披露目することになると思います!
髙:そうですね
有:これ皆さんにねあの~
髙:Hands UPしてよ?
有:そう、あの掛け声かけてもらうとことかもね
髙:「Hands UP!」とかね
有:手を叩こう!のとことかね手を叩いてほしいなみんなに
髙:みんなで作り上げましょう!
有:はい(笑)
髙:お送りしたのはHey! Say! JUMPでHands UPでした!




 《初心者JUMP》

有:JUMP da ベイベー!略してベイジャンをお聴きのみなさんこんばんはHey! Say! JUMPの有岡大貴です!
髙:髙木雄也です!
有:さあそれではここでですねこちらのコーナーをお届けしたいと思います!いきますよ!
髙:はい
有髙:初心者
有:じゃんぷ!!...じゃんぷ..じゃんぷ.じゃんぷ(エコーの真似) さあ!メールも毎週たくさん届いています!
髙:はい!
有:それではリスナーのみなさんがね最近した初体験ごと
髙:おお!
有:紹介していきたいと思います!
髙:よろしく~!
有:まずはラジオネームたんたんさんから
髙:たぁんたぁん!
有:ふふ(笑)
髙:ふふ(笑)
有:私が初めて体験したことは車の運転です!
髙:おぉ!!
有:自動車学校に通い始めて2ヶ月経って卒業検定も近いのですが運転するときは緊張しちゃいます!髙木くんや有岡くん、そしてJUMPのメンバーがしている緊張を解す方法を教えてくださいとのことです!まずね
髙:はい
有:今教習所に通ってるのかな
髙:それで自動車学校で運転したのか
有:そうそうそうそう
髙:やったなぁ~
有:どう?髙木はどうだった?自動車学校とか覚えてる?
髙:覚えてるよ俺。俺はねもうね完璧でしたよ!
有:おう
髙:先生が褒めてくれた!
有:褒めてくれた?
髙:褒めてくれた!
有:えっ
髙:「運転してんじゃないの?」って言われた(笑)
有:あはははは(笑)
髙:「いやしてないっす!してないっす!」って言って(笑)
有:「したことあんでしょ?」みたいなね
髙:うん、「したことあるでしょ?」って、「いやほんとにないです」つって
有:やっぱ免許取ったら嬉しいね
髙:嬉しいよ、俺だってもう毎日乗ってたもん!
有:あっそう
髙:毎日乗ってた、取って3、4ヵ月ぐらいはもうほんとにどんなに仕事で遅くなろうが乗ってた
有:俺たしか髙木がね、運転する車に初めて乗ったときのこと覚えてるもんね
髙:えっ!?乗ったことあったけ?
有:ある。えっとね、誰かのライブ行ったんだよね
髙:行ったね!
有:誰だっけね?
髙:レディ・ガガ
有:レディ・ガガ
髙:...さん
有:さん
髙:ははは(笑)
有:ふはははは(笑)
髙:ふふふ(笑)
有:そうレディ・ガガさんのね
髙:うん、ガガちゃん。あはは(笑)
有:ライブにね行ったんだよね!
髙:行ったよ!あっそうだ運転したわ!
有:そうそうそうそう
髙:やぁもう、でも気を付けてね。ちゃんと
有:そうだね。俺たしか高速道路
髙:うーん
有:俺怖くて、高速道路乗るのが。だから免許取ってたぶんね半年以上ね高速道路乗れなくってさ怖くて
髙:ほんとに!?
有:最初の合流が怖くて。どうしても
髙:ああ、怖い。でも俺もたまに今でも怖いときあるよ
有:怖いよね
髙:うん。やっぱバンバン走ってるからさぁ。特に都内
有:そう!
髙:都内は難しいからねぇ
有:そう。初めて高速道路乗るときは心細くて圭人にね助手席乗ってもらって
髙:はっは(笑)何でみんな圭人に乗ってもらうの?俺もね圭人に乗ってもらった(笑)
有:あっそう!
髙:うん。最初に乗ってくれたの圭人だと思うたぶん俺は
有:あっそう
髙:やっぱねいつも通りゆっくり運転したら大丈夫だから
有:そうだね。安全運転
髙:安全運転大事だから
有:まあ、そのための緊張を解す方法を知りたがってるので
髙:緊張を解す
有:ベタだけどね~JUMPみんな結構ね手のひらにね人っていう字を3回書いて飲み込んだりしてるよね
髙:俺それやってるわ~ライブの時もやってるし
有:やってるよね
髙:ドラマとかの時もやってるかも(笑)たまに一発勝負のときあるじゃん
有:くっくっくっく(笑)
髙:あるでしょ?
有:あるある
髙:一発勝負、一回しかできないよ、このシーンっていう
有:あの絶対セリフ噛んじゃだめとかね
髙:そうそう。このシーンは一回でやるからっていうときに人って書いてすぅーって飲んでる
有:見えないように
髙:みんなに見えないように
有:バレないようにね
髙:バレないように
有:結構ほんとさライブ前とかね本番前とかのステージ裏でみんな結構手のひらに人って書いてる
髙:そんなんだよね。後はもうおっきい声を出す!
有:てかJUMP、人って書いて人に飲ませるよね(笑)
髙:ある、やってる!
有:自分の手のひらに人って書いてほら飲め飲め飲めって
髙:知念とか、「雄也!雄也!はい!」とか言って(笑)
有:ふふ(笑)そんな微笑ましいこともやっております!
髙:はい
有:そうだね、緊張を解す方法それぐらいかな~?
髙:声を出す
有:おっきい声を出すとかね
髙:うん



有:続いてまだまだいっぱい来てるので紹介したいと思います。じゃあ髙木これ読んで
髙:えーラジオネームたるふさん
有:たるふさん
髙:私が最近初心者JUMPしたことはひとりカラオケ、略してヒトカラです!
有:あぁヒトカラ
髙:ストレス発散にも効果絶大。友達の前ではちょっと歌えないようなマニアックな懐メロをここぞとばかりにたくさん歌ったり、自己陶酔しながらラブソングを熱唱したりとても気持ちいいです
有:うん
髙:もちろんHey! Say! JUMPの曲も自分が納得いくまで何回も歌っています
有:あっありがとぉ
髙:お2人はヒトカラ経験はありますか?それとも部屋やお風呂で熱唱しちゃうタイプですか?
有:う~ん、なるほどね。ヒトカラどう?
髙:俺は全く行かんね
有:あっ行かない?
髙:行きたいっていう気持ちはあるんだけど
有:一歩踏み出せない?
髙:踏み出せない
有:いやぁおいでよこっちの世界に
髙:行く!?
有:俺行くよ。
髙:ほんとに!?
有:あの時間潰すときとか。あっでもほんとになんか、あ~歌いてぇ!ってときは行ったりする
髙:え〜すごい!どうやって(笑)入んの?
有:えっ別にあれだよ?ひとりカラオケって別に恥ずかしいことじゃない
髙:えっへっへ(笑)いや俺ねひとりご飯とかだったらできんだけど
有:うん
髙:ひとりカラオケだけはどうしてもできない
有:いや全然店員さんとかもね
髙:うん、慣れてる?
有:あたたかく受け入れてくれるよ
髙:ほんとに?
有:歓迎、大歓迎してくれる
髙:あのさ名前書いて「おひとりですか?」って聞かれるじゃん
有:いや、もう聞かせないよね。言われる前に
髙:うん。ひとりなんですけどみたいな(笑)
有:あの書くじゃん。名前を書いて迷わずあの人数のとこにもう達筆かってぐらいの勢いで1って書いて
髙:1って書いて?
有:もう1人だぜ今日は!みたいな
髙:あっでも俺昔1回だけあるの
有:ああ、あった?
髙:あるわあるわ
有:うん
髙:行って、「後でお姉ちゃんが来ます」って言った
有:ああそのパターンね!
髙:で二人分にして
有:えっ!?2人分払ったの!?
髙:2人分払った(笑)
有:おいおいおい!
髙:で、来なかったんだって感じを出して、うん、出てった(笑)
有:マジで
髙:うん
有:そんないいのに!ひとり、胸張りなよもっと!
髙:えへっへっへ(笑)
有:ふふ(笑)ひとりカラオケの良いところって
髙:うん
有:そのーたるふさんも言ってたけど、そんなね人前でほら歌ったことない曲とかさ歌えるようになりたい曲とかをほら練習できる
髙:まだ完璧じゃないけどみたいな?
有:そう、そうそうそうそう
髙:あー
有:俺なんてほら洋楽とか聴くからさ
髙:うん
有:英語とかも
髙:あーそうだね
有:なんとなくこう耳に入っててもなんか難しいところをカラオケとかでさあのーね、文字追いながら覚えてくっていう
髙:へ~
有:こともするし
髙:ラブソングとか熱唱すんの?(笑)
有:ラブソング?ラブソング歌わないね(笑)
髙:えっへっへ(笑)
有:あっでも歌う歌う歌う(笑)歌うときもあるよ
髙:マジで(笑)
有:ラブソング歌うときもあるさそりゃ
髙:それさ歌い終わったときさどんな気分なの?(笑)
有:いやもう自分の中でこらぁもうなんだろうね、もうこれは自己満足っていう割り切ってやってるから
髙:自己陶酔とか?
有:そう。ほんとにそうたるふさんと同じように自己陶酔しながら歌ったりするよ?
髙:へ~俺も行ってみようかな!
有:行ってみな!行ってみな!
髙:行ってみるわちょっと
有:うん
髙:もう、すぐ行くわ!(笑)
有:すぐ行きな!
髙:ほんとに行きたくなるときあるの!
有:うん
髙:どうしても歌いたい!ってのがあるんだけど、で、行こっかなっていうのでやめちゃう
有:あ~
髙:そうだね。でも俺お風呂はないけど車の中は歌う
有:ていうかさ髙木街中で歌うじゃん
髙:ひゃっは(笑)
有:歩きながらこう普通に歌うじゃん
髙:歌っちゃうの(笑)
有:駅のホームとか
髙:何なんだろ俺、あのさ
有:もうね恥ずかしくて俺
髙:ほらあの携帯音楽プレーヤーってあるでしょ?
有:うん
髙:あれで聴きながら歩いてると
有:イヤホンしてね
髙:そう。その世界に入ってなんか自分が主役みたいな
有:なんでよ!
髙:気持ちになっちゃうの!(笑)
有:もうあれだろ、まるでなんかPV撮ってるぐらいの勢いでしょ?(笑)
髙:そうそうそうそう!(笑)街中とかさ人が通り過ぎてくのとか(笑)
有:もう(笑)もう自分主役のPVの気分でしょ?(笑)
髙:そう(笑)
有:わかるよ、わかるけどね(笑)
髙:そうなっちゃって、つい声に出ちゃうの!
有:はいはいはい
髙:出しちゃうんだよね
有:うん
髙:何でも俺、歌だけじゃなくて思ったこととか
有:ふっ(笑)
髙:結構言っちゃうの!
有:えっ独り言も言ってんの?
髙:言う。テレビとか観ながら「はっは(笑)違うでしょ!」とか言って
有:あっツッコミ入れんだ!テレビに、独りで
髙:そういうこととか出ちゃうの!
有:うんうん
髙:勝手に。そう。街中で歌ってた~俺ねもう友達にもみんなにやめてくれって言われてんだよね
有:でしょ。恥ずかしくて仕方ない。みんなの視線も
髙:そう。クリスマスとかねジングルベ~ル♪ジングルベ~ル♪とか歌っちゃうの(笑)
有:なかなかいないよ
髙:なかなかいない?(笑)
有:浮かれまくりだよ!
髙:そう。まあ、そんな姿を見てもみんなスルーでお願いします(笑)
有:ふっはっは(笑)
髙:はっは(笑)
有:そうだよね。ほんとにいいんです!
髙:ま、ストレス発散
有:そう、いいんですよ
髙:あっストレス発散になるのね
有:ストレス発散ですよこれ
髙:ねぇ
有:うん
髙:じゃあ今度行ってみますね
有:行ってみてよ!ほんとに良いから
髙:行きます!
有:はーい。たるふさんありがとうございまーす!
髙:ありがとうございます!



有:さあ、まだまだ来てます!ラジオネームめぐたんさん。我が家では長女が中学校に、次男が小学校にダブル入学となりました。そこで入学祝い&長女の誕生日祝いとして家族5人でHey! Say! JUMP Live With Me in TOKYO DOMEに行くことに決定しました!
髙:えー!!
有:おぅ!特に次男は初コンサート、初東京でとっても楽しみにしています。聴きたい曲は僕はvampireだそうです。私も雄也さんのベイベーが
髙:ベイベー♪(僕はvampireの)っていう
有:あ~、ベイベー♪が聴きたいです!そして質問ですがお2人が子供の頃もらったプレゼントで1番記憶に残っているものは何ですか?今後の参考に教えてください
髙:へへ(笑)
有:家族5人で来てくれるんだって!
髙:いや、嬉しい!
有:嬉しいね!
髙:ね、男の子は、でも楽しめるか
有:もうほんとに親子揃って
髙:ファンになってほしいなみんなに
有:ね、いやでも応援してくれてるんだろうね家族5人ってことは
髙:お父さんとかにも
有:うん
髙:「JUMP!JUMP!」って言ってもらいたいね!ふふ(笑)
有:ぜひぜひ。いやねこの子は、次男くんか、次男くんは僕はvampireがお気に入りみたいですけど
髙:やりましょうか?
有:やっちゃうか!
髙:僕はvampire
有:もうめぐたんさんのえー次男くんのために
髙:やりましょうか
有:やっちゃいましょうか
髙:やりましょう。じゃあ楽しみにしててくださいね。やるんで絶対
有:じゃやりましょう。約束しましょう。やります!
髙:約束!
有:さあさあ、そしてお2人が子供の頃もらったプレゼントで1番記憶に残っているもの
髙:いや~
有:何?
髙:ゲーム
有:髙木、ゲーム
髙:俺はゲームだね完全に
有:ゲームやっぱほしいよなぁ~
髙:てかもうちっちゃい頃ってさゲームとかしか貰えなかったでしょ?
有:欲しいものは逆になかったよね
髙:うん
有:服とかも別にね興味もないし当時は。やっぱゲーム、おもちゃだよね
髙:そうだね、もう
有:う〜ん
髙:定番ですから(笑)ちっちゃい頃は
有:あ!あとは自転車とかね
髙:あ~自転車ね!
有:うん
髙:あっ自転車買ってもらった俺
有:買ってもらった?
髙:うん。あの、最初補助輪付きの自転車
有:付いてんのね
髙:あれを取るときがねすごいワクワクしたもん!
有:ね!急に乗れちゃうんだよね!
髙:そうそうそうそう。懐かしいなぁ
有:俺も記憶に残ってんの、これクリスマスなんだけどね
髙:うん
有:あのー、当時ちっちゃいくてまだ字も書けない頃ね
髙:うん
有:どうしても欲しいさ、ロボットがあったわけ
髙:あ~
有:ロボットっていうかあるじゃんよく戦隊モノのさ
髙:あ~~
有:ヒーローのロボットとか。それがあって、一生懸命サンタさんに手紙書いたわけ
髙:手紙書いたの?(笑)
有:なんとかなんとかのロボットが欲しいです!って
髙:サンタさんって?
有:そう。でも、たぶんサンタさん読めなかったんだろうね
髙:うん
有:当日ね、クリスマス届いたのは、なんかひらがなを学ぶあいうえお教室みたいな
髙:あはっはっはっは(笑)
有:「あ」とかのパネル押したら「あ、い」ってあの出るやつ
髙:あ~うんうん!えっへ(笑)それが来たの(笑)
有:あれが届いて、俺もう腹立って
髙:うん
有:当時ねちっちゃかったんだけどすごく、幼稚園生かな?
髙:うん
有:幼稚園生に入学する前かな?
髙:うん
有:もうね天井に向かっておっきな声で「サンタさんのバカヤロウー!!!」
髙:あっはっはっは(笑)名ゼリフ(笑)
有:「ふざけんなよぉー!!!」って(笑)
髙:名ゼリフだわ(笑)
有:「これじゃねぇよぉー!!!」って叫んだのすっげぇ覚えてる(笑)
髙:うそ(笑)ウケんだけど(笑)
有:でもなんだかんだそのあいうえお教室すごい楽しくてね
髙:字を学べってことだったんじゃない?
有:そう。そう
髙:その手紙
有:そう、読めねぇーよってたぶんサンタさんからの遠まわしの(笑)
髙:でしょ(笑)
有:これで学べと(笑)
髙:あっは(笑)
有:まずこれで文字学んでから改めてまたそのロボット頼めみたいな
髙:へっへ(笑)
有:ふふ(笑)感じだったんだと思う(笑)
髙:おもしろいサンタさんだね
有:う〜ん
髙:いいねぇ
有:ふっふ(笑)すっげぇ覚えてるなぁ。まあだからそうだねゲームとかだねあとはね
髙:う〜ん
有:まあほらそのめぐたんさんとこはやっぱり、長女、女の子は何が欲しいんだろうね?ほんとわかんないね
髙:え〜なに
有:中学生だよ中学生
髙:ぬいぐるみとか?あっ中学生
有:ぬいぐるみ?
髙:ぬいぐるみ(笑)
有:なんだろね、化粧品とかなのかな中学生とか?
髙:いやしないでしょ!中学生は
有:早いか
髙:早いよ、ダメだよまだ。しちゃダメ
有:服とか?洋服とか?あのー
髙:くつ
有:くつとか。やっぱねファッション系とかなのかな?あのアクセサリーとかバックとか?
髙:そうだねぇ。女の子じゃないから俺、わかんない
有:俺もちょっとわかんないわ
髙:ごめんね(笑)
有:何?俺も聞きたい!
髙:ね!
有:うん
髙:教えてください!(笑)
有:はい(笑)
髙:ふふふ(笑)



有:さあ、まだまだ、まだまだ届いております。じゃ髙木これ
髙:ラジオネームまおさんからですね
有:はい
髙:初めまして!
有:初めまして!
髙:有岡くんと同じ歳で鰹のたたきがおいしい高知県出身です!
有:おお~!
髙:私の初...私の初体験とは、女の子を出産して子育て中です
有:あら!
髙:いつかJUMPのコンサート親子参戦したいなと思っています
有:おお!
髙:体には気をつけて頑張ってくださいね!これからも応援しています!
有:出産!
髙:出産
有:じゃママになったんだね!
髙:ママ~(赤ちゃん言葉で)
有:なんだよお前(笑)
髙:えっへっへ(笑)
有:なんで今ママに呼びかけた(笑)
髙:ママ~(赤ちゃん言葉で)
有:違うから、そういうコーナーじゃないから
髙:えっへっへっへ(笑)
有:髙木のママ聴いてるかもしれないけどいいから呼びかけなくて
髙:(笑)え〜いいなぁ
有:めでたい!
髙:めでたいね
有:嬉しいねでも
髙:親子参戦してほしいよ
有:ね、JUMPのファンになったときは何歳なんだろうね、まおさんは
髙:え〜
有:あっ違う、有岡くんと同じ歳だって!
髙:えっ!!
有:えっ!!俺と同じ歳かよ!!
髙:えっ!!それで子供がいんの!!
有:マジか!!
髙:尊敬です!
有:あら~
髙:尊敬だ、すごい!
有:もう~~~え~~~
髙:何も言葉出てこない(笑)
有:いや(笑)ちょっとビックリ(笑)そっか23歳でお母さんなったんだね
髙:すごいなぁ、なんか俺だってもう24歳だけど
有:うん
髙:自分が子供を育てるっていう、全然わかんない
有:想像つかない
髙:てか、なんか俺にできんのかなって思っちゃう
有:できないでしょうねぇ
髙:できるわ(笑)
有:ふっふっふ(笑)
髙:できますよ!(笑)
有:でもなんか嬉しいね!こうやってなんか
髙:早くもっとおっきくなってね
有:うん
髙:親子参戦してもらいたいな
有:ねぇ
髙:うん
有:なんかすごい今しんみりしちゃってる。なんか
髙:そうだね
有:ねぇ、びっくりだよ
髙:びっくりなお手紙ありがとう
有:くっくっくっく(笑)
髙:ふふふ(笑)
有:そうかそうかもう、え〜出産したかあ!
髙:それでね、体には気をつけて頑張ってくださいって
有:そうだね、じゃまおさん是非ともねあの子育てが落ち着いたらね、是非是非またJUMPのコンサート、親子揃って遊びに来てください!
髙:はい!
有:ということで~今日はここまでです!!
髙:へっへっへ(笑)
有:へっへ(笑)まだまだみなさんの初体験もの募集したいと思うのでjump@bayfm.co.jpまで送ってください!




 《おすすめの一曲》

有:それではここで一曲お届けしようと思うのですが、今日はね髙木がお気に入りのナンバーを選んでくれたんだよね
髙:僕が選んじゃいました!
有:お!
髙:みんなにじゃあ、しっとりと聞いてください
有:はい
髙:ジャック・ジョンソンでBroken

 ~Broken/ジャック・ジョンソン

髙:いや~いい歌でしょ?
有:なんかすごい海に行きたくなった
髙:ジャック・ジョンソンも元々サーファーで
有:あっそうなんだ。サーフィンやってたんだね
髙:で、結構(笑)サーファーの人とかが
有:うん
髙:よく、あのこの人の曲を聴くの
有:あっ海に行く途中とか?
髙:そうそうそう!
有:いいねぇ
髙:そこでテンション上げながら
有:いやこれはなんかすごくあの~南国にいる気分。えっもしかしてジャック・ジョンソンもそっちの人?
髙:そうなんですよ!(笑)
有:おー
髙:はっは(笑)そうなんです!ハワイ出身
有:あっハワイ出身なの
髙:ハワイ出身で、そう
有:うん
髙:で、海のミュージックを作ってるの(笑)
有:海のミュージックを作っている?(笑)
髙:はっはっは(笑)ごめん!うまく説明出来ないの!(笑)
有:はっはっは(笑)だからそういうあれでしょ?
髙:そうそうそうそう!
有:なんかこういう、なんだろサーフミュージックじゃないけど
髙:そうそうそう!
有:そういう感じの
髙:聴いてもらったとおりの歌です
有:へ〜。この人を知ったきっかけは何だったの?
髙:はね、たぶんほんとに海に行くときに
有:うん
髙:友達がこの人いいよみたいな
有:うん
髙:海にピッタシだよ!みたいな
有:うん
髙:で流して、それで俺が気に入って
有:うん
髙:CDとか買って、いっぱい
有:いいね!あのねこの夕焼けのね
髙:うん
有:夕日がこう浮かんでる海沿いとかを
髙:いや、俺も、海で(笑)車で行った時とか海沿いに止めてこれ流しながらゆっくりしてる(笑)
有:いやいいね!
髙:うん
有:これはいい!すごいなんか心が落ち着くね
髙:落ち着くのよ
有:リラックスできる
髙:そしてね声がいいの
有:いいね
髙:ふっふっふ(笑)
有:すごい、あの~カフェとかでも聴きたい
髙:結構海沿いのカフェとかでも流れてある
有:あっそうなんだ
髙:もっともっとね、たくさん曲あるんでねみなさん是非聴いてみてください!お送りしたのはジャック・ジョンソンでBrokenでした!




 《エンディング/胸キュンおやすみ》

有:さあ、Hey! Say! JUMPの有岡大貴と
髙:高木雄也がお届けしました!
有:JUMP da ベイベー!略してベイジャン今夜の放送いかがでしたか?みなさんこれからもよろしくお願いします!
髙:お願いします!
有:さあ、そしてまだまだみなさんからのメールもお待ちしております。まあさっきもねやったあの〜初心者JUMP、そして胸キュンおやすみ、これ髙木に言ってもらうやつね
髙:はい!
有:最後のおやすみのコーナーね。あと妄想、なんかこんなことで妄想してほしいとかね
髙:はい
有:みなさんの妄想話でもいいですから。妄想Sayのコーナー。お便りはjump@bay.co.jp、じぇいゆーえむぴーあっとまーくべいえふえむどっとしーおーどっとじぇいぴーまでお送りください!
髙:はい
有:さあそして最後にね僕たちHey! Say! JUMPの今後の予定ですが、まあ明日5月10日、11日にHey! Say! JUMP Live With Me in TOKYO DOMEを開催します!
髙:パチパチパチパチ(拍手)みなさん好き放題暴れてください!(笑)
有:うん
髙:もうそれが一番なんで!で笑顔になって帰ってくれたら僕たちはなによりも嬉しいです
有:そうだね!あの今までのね出したシングルのカップリング曲なんかもねまだまだ
髙:はい
有:披露したことのない曲とかもね初披露したりするんで
髙:はい
有:ぜひぜひそちらの方もそしてみんなで盛り上がるおなじみの曲もやると思うのでみなさんぜひ楽しみにしててください!
髙:はい!
有:ということでJUMP da ベイベー!略してベイジャン!お相手はHey! Say! JUMPの有岡大貴と
髙:高木雄也でした!
有:さあ今夜はリュックサック星人さんからの胸キュンおやすみです
 
髙:あんまり細かいこと気にすんなよ。おやすみなさい