読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今はまだちっぽけな花だけど…

JUMPさんの活躍を見守るのが生きがいなヲタクのblog Twitter @arichineru

【文字起こし】JUMP da ベイベー! 14年5月17日

 【JUMP da ベイベー! 2014年5月17日】
※名前が出てくるメンバー:山田涼介


 《オープニング》

有:こんばんしゃく!Hey! Say! JUMP有岡大貴でーす!
髙:高木雄也です!
有:JUMP da ベイベー!略してベイジャン!始まりました!
髙:イェイ!パチパチパチパチ(拍手)
有:さあさあさあ
髙:はい
有:早速お便りが届いているようなので紹介したいと思います!
髙:何だ?
有:えーラジオネームあすたろうさんからですね
髙:はい
有:さあ突然ですが有岡くんに質問です。はい。5月9日に無事お誕生日を迎えた山田くんとのエピソードをお聞きしたいです!今までの山田くんとのデートの数は
髙:(笑)
有:数えきれないぐらいありますよね。その中で特に思い出に残ってるのをお聞きしたいです!とのことです!
髙:えっへっへ(笑)デートしてるの?(笑)
有:デートねぇ、うん、してるね!
髙:え、結構でも一緒に出掛けてるよね
有:うん、結構ある。2人っきりも多いね
髙:すごいわぁ。どういうとこ行ってんの?
有:あのねぇ、一番最近がっつり行ったのは、去年の話になっちゃうんだけどこれ
髙:うん
有:去年の夏に2人でこうドライブして
髙:すっげぇ前(笑)
有:海行ったのよ!
髙:へぇ~2人だけで?
有:2人だけで
髙:デートじゃん(笑)
有:そう、で、あの~俺は海パン持っていってたんだけど山田はなんか最初入る気なかったらしくて全然
髙:うん
有:海のこの雰囲気を味わいたいって言ってたんだけど
髙:うん
有:海目の前にしたらすっかりこう海水浴の気分になったらしくって近くで海パンとか全部買って
髙:入ったの?
有:2人で海入って
髙:はは(笑)何してんの?(笑)
有:そうそうそう(笑)でもなんかねぇ、なんだろこの歳になって海で泳ぐってことあんましなくなって
髙:あったしかに!
有:ひたすらねぇ、波が来るでしょ?
髙:うん
有:それをジャンプでこう上手く避けながら
髙:うん
有:沖の方へ進んでくっていうのを2人でずっとやってた(笑)
髙:えっへっへ(笑)子供じゃねぇか(笑)
有:ジャンプして「わぁ~!!」って言いながらこう波を顔にかかんないようにさ
髙:うん
有:焼けちゃいけなかったんだよそのとき
髙:ああ~じゃ行っちゃダメだよ(笑)
有:ほんとはね(笑)だけどその、日焼け止めをベッタリ塗って
髙:うん
有:あの(笑)顔にも日焼け止め塗ってるから顔だけは絶対死守しようってなって顔は濡らしちゃいけないっていう
髙:え〜いいなぁ
有:だからこうジャンプしてこう濡れないように、波をこうJUMPでジャンプしてこう
髙:えっへっへ(笑)全然うまいこと言わなくても(笑)
有:ふっへっへっへ(笑)
髙:いらないからそういうの(笑)
有:Hey! Say! JUMPだからジャンプしてね、波を
髙:え〜みんなやること変わんないね
有:そうそうそう
髙:俺も海行ったらそれやる(笑)
有:やるでしょ?
髙:波来たらジャンプして
有:なんかこう「わぁ~!!」って言いながらこう沖の方に進んでくっていう謎のね(笑)傍から見たらすごい変な多分光景だった思う(笑)
髙:すごい子供だと思うよたぶん(笑)
有:で、そのあと海の家でずっとね
髙:うん
有:まあご飯食べたりとかかき氷食べたりとかして
髙:うん
有:で海の家のおばあちゃんがねすごくいい人で
髙:へぇ~
有:いろんな話して、昔はもっともっと人が来てたんだけどねみたいな話とかもして
髙:へっへ(笑)
有:しんみりした話をしながら(笑)
髙:しんみりしてるわ(笑)
有:休憩して。でなんかあのボディボードみたいなのも借りてやったりとか
髙:それ焼けたでしょ(笑)
有:えっへっへっへ(笑)
髙:絶対焼けたでしょ(笑)
有:ほんのりとね、ほんのりと焼けた。ていうのをねすごい覚えてるかな。最近だと
髙:へぇ~結構出掛けてるよね山田と
有:出掛けてる。あとはもう普通に買い物だったりその
髙:あ~
有:カラオケとかさ、ご飯とかそういうのだから
髙:う〜ん、そうだね
有:がっつりデートって言ったら海かな?
髙:デートなんだ(笑)
有:まあデートだよね(笑)
髙:はっは(笑)
有:えへえへ(笑)
髙:いいなぁ(笑)
有:まあでもねドームで誕生日をお祝いしましたけども
髙:はい
有:喜んでたね!
髙:喜んでましたねぇ(笑)
有:ねぇ、あれすごくなかった?
髙:うん?
有:あの、くるすけ!くるすけのぬいぐるみ!
髙:あ~、はっは(笑)
有:あの用意してさぁ
髙:ああ、あれ
有:あれ、自分のキャラクターも欲しいもん!あれ絶対嬉しいよ!
髙:俺も欲しいわ
有:ね
髙:やっぱ寝る時ぬいぐるみ抱っこしないと寝れないから
有:そう、髙木昔からそうだよね!ほんとね
髙:あっはっはっはっは(笑)
有:昔からもうぬいぐるみとね
髙:そうそうそう(笑)
有:あとこう寝る時は絶対何かあの三角の帽子みたいなの
髙:あっはっは(笑)
有:サンタさんの帽子みたいなの被って寝るじゃん
髙:あっはっは(笑)してねぇーわ!(笑)
有:ふっふっふ(笑)まあでも喜んでもらえて良かったねぇ
髙:喜んでたね。良かった
有:はぁい。さ、それでは今夜のJUMP da ベイベー!オープニングナンバーはこの曲です!Hey! Say! JUMPでOVER

 ~OVER/Hey! Say! JUMP

髙:お送りしたのはHey! Say! JUMPでOVERでした




 《妄想Say!》

有:さあそれでは続いていきましょうか!
髙:はい!
有:本日、初めてとなるこのコーナー!
髙:イェイ!
有:はぁ~(息を吸う音)...妄・想・Say(色っぽく)
 (BGM:Imagine)
髙:はっはっは(笑)
有:あっImagine流れるのね(笑)さあこのコーナーはですね妄想好きな僕たち2人が与えられたシチュエーションで自由に妄想トークをしていこうと思ったのですが!
髙:はい
有:意外とですね、みんなのメール見てみると自分はこういう妄想をしますとかそういうね内容も多かったりしたから
髙:うん
有:せっかくなんでね、あの、みんなの妄想も紹介しながら
髙:はい
有:僕たちだったらどんな妄想するのか!って風にやっていこうかなって思ってます
髙:了解。やっときたこのコーナー
有:いいねぇ
髙:楽しみだよ
有:いいね。このImagineもいいね。またね
髙:ね
有:では最初の妄想メールを紹介します!
髙:はい!
有:え~ラジオネームみーこさんから。私は5歳と3歳の2児のママです
髙:もう
有:いつもテンション高く、元気いっぱいな有岡くんに日々心癒されながら子育て頑張っています!疲れきった私の心の拠り所です!
髙:ふふ(笑)
有:嬉しいですね。2人に妄想してもらいたいことを送らせてもらいました。それは結婚してパパになったら2人はどんなパパになりそうですか?ある日の子供と過ごす休日を妄想してみてください!いいねぇ~
髙:いいねぇ~
有:1発目いいですねぇ~
髙:パパ、パパになりたい
有:パパね
髙:へっへ(笑)
有:まず、じゃあパパ、男の子?女の子?
髙:俺?
有:うん
髙:男の子
有:男の子か。俺も男の子かなぁ
髙:女の子はダメだなぁ。心配になって俺たぶん門限とかもすごい決めちゃうから
有:あ~なるほどね
髙:男の子だったらもう好き放題やってこいっていう(笑)
有:うーん、じゃあ髙木の話から聞こうかな
髙:えっとねぇ、普通にあの、公園とか行くとさ
有:うん
髙:キャッチボールとかやってる人いるから
有:いるね
髙:これが自分だったらとか
有:うん
髙:そういう、何かちゃんとストーリーは考えないけど
有:うん
髙:そういうのを見ながら考える
有:はいはい。俺あとねベタだけどね
髙:うん
有:まあ、息子と3人でこう公園とか行って、代々木公園とかそういう感じの公園ね
髙:うんうん
有:行って、こう遊んでて子供とじゃれ合ってて、それをこう遠くから奥さんがこうやって見てて
髙:えへっへ(笑)
有:あの、「どっちが子供かわかんない」って言ってほしい
髙:あっは(笑)しっかり妄想してんじゃん(笑)
有:「も~これじゃどっちが子供かわかんないよ~」みたいな
髙:はっは(笑)
有:あ~言われてぇー!!!
髙:あっは(笑)いい(笑)このコーナーいい(笑)
有:超いい~!
髙:いいねぇ、しっかりやってんだね妄想
有:もうしっかりしてますよ、もうそこは
髙:普段からしてんだなってのが伝わってきた
有:普段からしてる。この妄想何回したことか俺
髙:へっへ(笑)
有:子供いたらの妄想。え、習い事は?何習わせたい?
髙:う~ん、格闘技はやらせたい
有:あっわかる。空手とかでしょ
髙:そうそうそう
有:わかるわぁ
髙:格闘技とかあと英語とか
有:うん
髙:たぶんね自分がやりたいのをやらせちゃう(笑)
有:そうだよね。まあ、お試しにいろんなことを体験させて、でもしなんかこう、「これ楽しい!」って言って息子がやる気出たらそのまま継続で
髙:そうそうそうそうそうそうそう
有:なんかもうなんかちょっと違うな、つまんなそうに行くのを駄々こねたりとかしたらまた別のことを試しに
髙:うん
有:「こんなのやってみる?」とかって言うかな
髙:へっへ(笑)パパになりたい(笑)
有:はっはっは(笑)
髙:はっは(笑)こういう話してるとすげー子供欲しくなっちゃうんだよね
有:欲しいね
髙:うん



有:じゃあ、続いての
髙:続いていきますか
有:お便り
髙:はい。大ちゃん、髙木くんこんばんしゃく
有:こんばんしゃく
髙:中3のタピユカです
有:ほう
髙:私は2人に彼女とのお家デートについて妄想してほしいです
有:う~ん
髙:2人の声が聴けるだけでも幸せになれるのでベイジャン大好きです!
有:あっ
髙:これからも体調に気をつけてお仕事頑張ってください!応援し続けます!
有:ありがとう!
髙:だそうです
有:タピユカさんのね
髙:彼女とのお家デート
有:うーん
髙:お家デートかぁ
有:お家デート
髙:何やんだ?料理とかか?
有:お家デートって一緒に料理作ったり?
髙:料理作って
有:いいね!いいねいいね!
髙:映画観て
有:あっいいね!あっ楽しいねぇ!じゃあもし一緒に料理作るとしたら何作る?
髙:あ~ハンバーグ
有:あ~
髙:ふっふ(笑)
有:好きだなハンバーグほんとに
髙:ハンバーグ作る。ハートのハンバーグ作ってあげますよ
有:いいです、そういうアイドル誌みたいなのは
髙:ふっふっふっふ(笑)アイドルです
有:ふはっはっは(笑)まあ俺オムライス作るけどね
髙:好きだなあオムライス(笑)
有:あはっはっはっはっは(笑)
髙:もういっつも頼むの有岡くんもうほんとに(笑)
有:はっはっはっは(笑)
髙:外に行っても、これオムライス頼むだろうなぁと思ってたらほんとに「オムライス♡」って(笑)
有:そうだね(笑)やっぱりこうオムライスに、こうあんまりないかもしんないけど
髙:うん
有:ケチャップでこう名前とか書いてもらったり
髙:ふはっはっは(笑)
有:ま、あんまないと思うけどケチャップでハートとかさ
髙:ガッツリあると思う!
有:あはっはっはっは(笑)
髙:たぶんみんな知ってると思うよ(笑)
有:やってほしいわ~!!
髙:お家デート
有:まあ料理作って、ご飯一緒に食べて
髙:DVDか
有:うん
髙:観ながら
有:えっじゃあそういう時はどういうDVD観る?お笑いDVD、もしくはラブストーリー、ホラー、怖い系か感動系
髙:え~ラブストーリーかな?
有:あっラブストーリーいく!?
髙:かな?
有:へぇ~!
髙:わかんない。たぶん俺が好きっていうのもあるけどね、もともと
有:あっそういうラブストーリー系が
髙:そう、ラブストーリーの映画が
有:うんうんうんうんうん
髙:あっどうだろキモイかな?(笑)
有:えっ何で何で何で?(笑)いいじゃんいいじゃん(笑)
髙:初っ端からそんなん観たらさぁ(笑)
有:なんかさぁ、ね
髙:狙ってるなぁって
有:向こうも「え!?」てなるね
髙:うん
有:いやでもいいじゃない?
髙:う〜ん。何観る?
有:俺お笑い系かな
髙:あ~一緒に笑って?
有:一緒に笑って、うん
髙:はっは(笑)
有:一緒に笑って、あっ笑うポイント一緒だ!とかさ
髙:あっ確かにそれわかるね!
有:ね
髙:あっいいね
有:でしょ
髙:うん。俺もお笑いかな
有:あっじゃあじゃあ
髙:はっは(笑)
有:じゃあ2本立てにしようぜ!
髙:あっ2本立てでいいじゃん!
有:お笑い観てその後ラブストーリー系でいこう
髙:そうそうそう
有:で、ちょっと空気がさ
髙:うん
有:お互いソワソワして
髙:そうだね
有:手とかね繋いで
髙:そう、チューとか
有:あっいいね!
髙:チューとかすればいいんだよ、はっは(笑)
有:堪らんのぉ~妄想っていいなぁ~
髙:いいねぇ楽しいわ(笑)
有:時間を忘れちゃうよね
髙:うん



有:じゃ、続いて。え〜ラジオネームぽこちゃんさん。え〜私は食べることがJUMPの存在と同じくらい大大大好きな女子です!
髙:おっありがとうございます
有:そんな私の妄想は、我が家に和洋中全てのオールジャンルの料理を提供してくれるコックさんがいてくれることです。え〜その日に食べたいメニューを朝昼晩だけでなくデザートやお夜食まで即座に作ってくれるコックさんもしくは、料理ロボットがいてくれたらあれが食べたい!でも冷蔵庫には材料が無いというときや調理するのに時間が無いというときにとても助かるのになぁなんて妄想しています!
髙:はい
有:お2人は食べること大好きですか?
髙:はい
有:日常ではなかなか食べられないけど大好物なものとかもしあれば教えてください!
髙:大好物
有:なるほどね
髙:うん
有:あっでも髙木さぁ
髙:うん
有:お掃除ロボットとかさそういうロボットいてくれたらなって言ってたよね
髙:いや、いてくれたら楽でしょ!欲しいでしょ?
有:えっそれは何、家事全般?
髙:家事全般。やっぱねぇ洗濯物とかねぇ大変なのよぉ
有:うふふふ(笑)
髙:ほんとに
有:何だそれ(笑)今のね大変なのよぉですごく伝わってきた大変さが(笑)
髙:はっはっはっは(笑)疲れて帰ってさぁ
有:うん
髙:洗濯機回してさ
有:ふふ(笑)うん(笑)
髙:それを干してんだよ?(笑)だからそういうのを全部やってくれるロボットが欲しいなって思ってる
有:あ~~
髙:良くない?
有:じゃあそのロボットは言葉話せた方がいいの?
髙:あっ話したい!あっ俺話したいの。家の中にいるときなんか一人でいると誰かと話したくなるから
有:うん、お帰りとか言ってほしいんだ?
髙:そうそう
有:「お帰りなさい(ロボット風に)」って?
髙:そう。「ただいまー!」とか言うでしょ?帰ったら家
有:えっ?え?え?帰ったら誰もいなくても「ただいまー!」って言うの?
髙:うん。えっ言わない!?
有:えっそれねぇ俺考えたことあるけどもし今「ただいま」って言って
髙:うん
有:誰もいないはずなのにちっちゃい声で「お帰りなさい……」とかって聴こえたら怖いなって思うから言ってない(笑)
髙:「誰か来てんのー?」って続けると思う(笑)
有:あっはっはっはっは(笑)オバケともフレンドリーかよ(笑)
髙:俺でも家の中で一人でいるときに
有:うん
髙:いるんじゃないかっていう体で話すときあるよ(笑)
有:何それ(笑)それも妄想だね。何それ(笑)詳しく聞かせてよ
髙:「今テレビ何やってる?」とか言って。寝室とかから「テレビ何やってる?」とか言って(笑)
有:えっ誰もいないのに?
髙:誰もいないんだよ(笑)
有:なんか怖いけど~、寂しいしなんか
髙:はっは(笑)冗談でね、冗談でだよ(笑)
有:何だその冗談て(笑)なんか別に人がいるわけでもないのに何で一人で冗談言って楽しんでんの?(笑)
髙:楽しい、やってみて今度(笑)
有:えっ、あっはい。わかった(笑)
髙:うん
有:「お風呂湧いた?」とか?
髙:そうそうそう。「そろそろ寝ようかなぁ」とか言って
有:あっはっはっはっは(笑)
髙:「明日の予定は?」とか言って(笑)
有:それ一人でやってんの?(笑)
髙:やるやる(笑)
有:ちょっと髙木怖いわぁ(笑)
髙:えー何で?(笑)冗談でだよ?(笑)
有:へっへっへ(笑)
髙:で友達が来たときにそれを話して「こいつ新しく一緒に住むことになったから」とか言って(笑)
有:えー!
髙:で友達に「お前大丈夫?」とか言って(笑)
有:待って、引いてるからねみんな顔
髙:はっはっは(笑) バンッバンッバンッ(机叩く音)
有:顔引いてるよ?
髙:やるのよそういうこと(笑)
有:やってんの!?
髙:いやぁ、えっまぁそんなしょっちゅうはやんない(笑)
有:あっはっはっはっは(笑)
髙:たまに冗談で(笑)
有:何それ超妄想じゃんそれ(笑)
髙:そう、超もう。妄想好きだから
有:何それ、おもしろいね。そこをなんかビデオ仕掛けて見たいわぁ
髙:あっ見してあげるよ。今度撮ってくるわ
有:あはは(笑)いいよ(笑)
髙:あっはっは(笑)
有:自撮りはいいです(笑)
髙:はっは(笑)
有:へぇ~おもしろいね。じゃあ食べることが大好きなぽこちゃんさん。えー日常ではなかなか食べられないけど大好物なものって何?ある?
髙:えー
有:何、日常ではなかなか食べられない
髙:日常ではなかなか食べられないって何?
有:高級なものとかってことか。あっ俺ある!
髙:何?
有:北京ダァック...
髙:あー!!言えばよかったぁ!!たしかに!
有:あははは(笑)ほらジャニーさん
髙:あー
有:中華料理屋さんに行くと食べられんだよ
髙:あっそうだよね。俺もそういうイメージがあんの
有:ね
髙:北京ダックの
有:ハワイに連れてってくれたときにさぁ
髙:はっは(笑) パンッ(手を叩く音)
有:ハワイのね、夕食が中華料理屋さんだったんだけどね、あの「メニューで好きなもん食べなよ」ってメニューくれて。俺がこう初っ端ね北京ダック食べたいつって「北京ダック!」って言ったら
髙:うん
有:結構な高い北京ダック(笑)
髙:いや、ほんとにビックリするぐらい値段がいってて
有:それで俺ドルとか、その時まだ中学生かな?
髙:うん
有:なんかあんま分かんなくてどんぐらいなのかとか。で全然北京ダック食べてみたいから好奇心でこう「北京ダック!」って言ったら、あのジャニーさんが一瞬ね
髙:うん
有:口ごもったもんね
髙:うん
有:「うっ...」(ジャニーさんの真似)
髙:「うぅっ北京...」(ジャニーさんの真似)
有:「ぺ、北京ダック...」(ジャニーさんの真似)
髙:はっはっはっはっは(笑)
有:あっはっはっはっは(笑)
髙:北京(笑)で値段見て「高っ!!」って(笑)
有:そうそうそう(笑)あのジャニーさんが
髙:そうだよ
有:ビックリしたもんね
髙:あれはほんとに今でも鮮明に
有:覚えてる
髙:覚えてる(笑)
有:いや美味しかったよね!やっぱりね
髙:いや、めっちゃ美味しかった!
有:ほんと美味しかった
髙:頼んでくれたからね
有:うん
髙:優しい
有:ありがとうジャニーさん
髙:ありがとうございます(笑)
有:結局は。髙木なんかある?
髙:俺なんだろうな?フカヒレとか?
有:あーやっぱね
髙:うん
有:あーわかるわかる
髙:北京ダックとかだなぁ
有:そうだよねぇ。あとは…あのさ
髙:うん
有:お肉のさぁお寿司みたいな
髙:えっ肉巻き?
有:違う違う。あの見た目はお寿司、握り寿司なんだけどネタがお肉なの。生の
髙:何それ!知らん
有:それね1回ぐらいしか食べたことないけどすっげぇ美味しかった
髙:どこで!…今ヨダレ出たわ(笑)
有:あっはっはっは(笑)
髙:はっはっは(笑)
有:あ~の~何だろすき焼き屋さんかなあれは?
髙:食べてぇ~
有:ほんと美味しかった
髙:今度教えて
有:いいよー食べに行きましょう
髙:うん



有:じゃ、続いてのお便り
髙:はい。えーラジオネームしーちゃんさんからですね
有:はい
髙:私はこの春社会人になりました。女の子ばかりの職場なのでついつい雄也くんと同じ会社だったらなぁと妄想してしまいます
有:はい
髙:そこで大変申し訳ないのですが、女の子役を大ちゃんに(笑)会社の先輩役を雄也くんにお願いしたいです。よろしくお願いします
有:あっなに、台本を書いてきてくれたのね!
髙:そう!
有:おっ!これはおもしろい!
髙:ラジオドラマ風に書いてきてくれました
有:はい、はい、はい、はい。じゃどうしようこの
髙:えっなに俺先輩?
有:うん
髙:で有岡くん女の子
有:俺女の子ね(笑)
髙:女の子だよちゃんと女の子だかんね
有:わかったよ
髙:えっへ(笑)
有:じゃあ設定とかまず説明しよう
髙:うん
有:俺ナレーションやっていい?じゃあ
髙:うん
 
有(ナレーション):今週もやっと一週間が終わった金曜日。仕事が終わってほっとしている私の教育係で隣のディスクの髙木先輩から声を掛けられる
髙(先輩) :お疲れ!今週も一週間疲れたね。そろそろ仕事慣れた?
有(女の子):あっお疲れ様です!いやーまだまだ慣れないことばかりで迷惑かけてばかりで
髙(先輩) :そんなことないよ!みんな初めてあるからさ。分からないことあったらいつでも聞いて
有(女の子):ありがとうございます!ほんと髙木先輩みたいに優しい先輩がいて心強いです!
髙(先輩) :はっはっは(笑)よかった。でも俺は教育係から…脱出したいんだけどな
有(女の子):そうですよね…やっぱり迷惑ですもんね
髙(先輩) :違う…早くお前の彼氏になりたいだけ…
 
有:う~~~ワッホォイ~!!
髙:あっはっはっは(笑)
有:はっはっはっは(笑)
髙:難しいんだけど!(笑)
有:なるほど(笑)いいね!こういうラジオドラマ風楽しい!
髙:あっ楽しいね!楽しい!
有:これさ妄想Say!の中の
髙:うん
有:また一つのアレとしてさ
髙:うん
有:ラジオドラマってのもいいね。こう一言ポンッじゃなくてこの役を髙木、この役を俺みたいな感じで振り分けてさらにセリフも入れてくれて
髙:うん
有:ま、その中に時々ねここアドリブとかさ
髙:むずー!
有:お願いします
髙:毎回ドキドキしながらラジオやんないといけないんだけど(笑)
有:でもいいね
髙:難しいね(笑)
有:あっこれ楽しい楽しい
髙:いや、これねしーちゃんさん上手いわ
有:上手いね
髙:上手いよ
有:いやっ
髙:いいよ
有:いいね
髙:普通にありそう(笑)
有:俺ちょっとドキッとしちゃったもんね
髙:うん。すげーなぁ
有:これはまた新たな、新境地ですね
髙:あっは(笑)あーいい。やろう、毎回やろう
有:おもしろいおもしろい。じゃあこれやりましょう
髙:うん
有:じゃあこれもじゃあ募集しましょう!ラジオドラマも。さ、ということで今日はここまでです!まだまだね妄想好きな僕らにどんなシチュエーションで妄想してほしいのかなどなど募集しますので、みなさんどんどんメール送ってください!
髙:お願いします!




 《おすすめの一曲》

有:さあそれでは
髙:ここで1曲お届けしましょう。m-floでmiss youです

 ~miss you/m-flo

有:いやぁね、この曲はもう
髙:懐かしい。なんか昔を思い出す
有:2人のね思い出の曲なんだもんね。これね
髙:そうそう
有:これ元々ね髙木がすごい好きで
髙:そうなの、好きで
有:髙木のケータイにね着うたで入ってたんだよね
髙:そうそうそうそう
有:それを俺がこう聴かせてもらって、俺もハマって。であのJr.のときだよね、Jr.のコンサート
髙:いやもう超前だよ
有:10年前ぐらいだもんね
髙:10年前ぐらいだから
有:で、「あれ聴かせて!聴かせて!」つって髙木にケータイ貸してもらって
髙:毎回
有:髙木のケータイを占領して聴いてたんだよね
髙:ずっと聴いてた。もう電池の減りが早い
有:あっはっはっはっは(笑)
髙:はっはっはっはっは(笑)
有:髙木がもう「そろそろ返して。有岡くんそろそろ返して」みたいな
髙:懐かしい(笑)
有:ねぇ
髙:昔のこといろいろ思い出しちゃう
有:俺も
髙:音楽、音楽ってすげーなぁ!!
有:そうだよ。もし髙木と何かこう記念日があって
髙:うん
有:もしなんかこうオルゴール作るってなったら俺この曲選ぶ
髙:あー!!
有:そんぐらい俺2人のこれはあの共通のなんかこう思い出の曲だと思う
髙:そうだね。それでライブも行ったしね
有:ライブも行ったね、m-floのね
髙:うん。いつだ?
有:あれはね、丁度Ride With Meができるちょっと前
髙:そう。一緒にライブ行ってね
有:そう、でこの曲流れたんだよね!
髙:流れたね!
有:でまた2人でその時うぉおー!!つってね
髙:めっちゃね叫んでたね。うぉおーー!!って
有:テンション上がったねあんときは
髙:うん
有:それでね10年後ぐらいにだってねぇ。僕たちの曲をm-floさんが提供してくれるっていう
髙:いやほんとに
有:夢のような話だよね!
髙:夢だよ!夢のようだよ!
有:Ride With Me
髙:ほんとにありがとうございますって感じ
有:ねぇ
髙:うん。最高です。はっは(笑)いやいいねぇ、いい歌。お送りしたのはm-floでmiss youでした!




 《エンディング/胸キュンおやすみ》

有:Hey! Say! JUMPの有岡大貴と
髙:高木雄也がお届けしました!
有:JUMP da ベイベー!略してベイジャン!
髙:なんだろ?やってけばやってくほど緊張してくるんだけど俺(笑)
有:何、どういうこと?(笑)
髙:なんでだろ?(笑)最初の方はなんかすげーお気楽にうぇーいってやってたんだけど
有:うん
髙:最近になって緊張するようになってきた(笑)
有:なんでなんで、どうしたの?
髙:わかんない(笑)
有:たしかに、でも今日コードイジイジしてないね
髙:うん、ただずっと手を触ってた(笑)
有:あはっはっは(笑)落ち着かない。でもねさっきあの今回妄想Say!というコーナー初めてやってみたけど
髙:はい
有:やりながらどんどんどんどんこうねコーナーが進化していくというか
髙:そうだね
有:さっきのねラジオドラマもそうだけど
髙:うん
有:ということでね
髙:はい
有:あの妄想Say!とはまた別でね
髙:はい
有:ラジオドラマの
髙:おお
有:方の妄想Say!Neo
髙:おお~
有:ていうコーナーを
髙:Neo!
有:作ろうって今m-floを聴きながら思いついた
髙:あっはっは(笑)で、言っちゃった(笑)
有:だから、こんなシチュエーションで妄想してっていうお便りだったり
髙:うん
有:こういう妄想してますだったりそういうお便りとまた別にこういうセリフ言ってほしいとか
髙:う〜ん
有:あのこういうシチュエーション、まあさっきのラジオドラマの台本みたいのを書いて送ってきてくれたら、スペシャルとして
髙:うん
有:妄想Say!とは別に、妄想Say!Neoということでやっていこうかなと
髙:あ~賛成です!
有:思ってますのでみなさんあの、メールをジャンジャン募集します!
髙:はい
有:メールはですね、jump@bayfm.co.jp、じぇいゆーえむぴーあっとまーくべいえふえむどっとしーおーどっとじぇいぴーまでお願いします!
髙:はい!
有:さあさそして僕たちHey! Say! JUMPからのお知らせですが!
髙:はい!
有:え〜僕、有岡がですね7月から日本テレビ系ドラマ「金田一少年の事件簿N (neo)」に出演します!
髙:パチパチパチパチ(拍手)
有:ありがとうございます!毎週土曜日夜9時からなので、金田一少年の事件簿あの連続ドラマになってね
髙:はい
有:ほんとNEOってつくだけあってすごい進化もしてますし
髙:おー
有:なんといってもねぇ、あのー豪華ゲストが
髙:おー
有:毎回こう事件ごとに出てくるので
髙:誰誰誰誰?
有:いやほんとビックリするよ!
髙:マジ!?
有:うん
髙:気になるー!(笑)教えて!
有:俺は個人的にもう、すごいテンション上がったね!
髙:ウソ!?
有:大好きな人が出てくれたりとか、えっこの人出るの!っていう人が出たりとか
髙:マジで!?
有:うん
髙:普段見ない?ドラマで
有:普段見ない。俺ほんと大好きだった人がもう
髙:へぇ~!
有:来てくれたりとかもするのでねそちらの方もチェックしてほしいのと、そしてそして、6月18日に僕たちの3枚目のアルバム
髙:はい
有:「smart」が発売します!
有髙:パチパチパチパチ(拍手)
髙:ありがとっ
有:いやこちらのアルバムもね
髙:smartだよ
有:すごいまたなんか挑戦的な音楽というかね
髙:そうだね。攻めてるから
有:踏み込んで、攻めていってるのでそちらの方も楽しみにしててください!
髙:はい!
有:そして!夏からですね
髙:はい
有:8月からそのアルバム「smart」を引っさげた
髙:はい
有:全国ツアーを開催します!!
有髙:パチパチパチパチ(拍手)
髙:ありがとう!(笑)
有:まあね、あのー
髙:嬉しい!
有:「smart」というアルバムが軸となって構成すると思うのでみなさんねこのツアーに来る前にいっぱいこの「smart」を聴いていただけたらと
髙:しっかりね
有:思います
髙:はい!お願いします!
有:はい!ということでJUMP da ベイベー!お相手はHey! Say! JUMPの有岡大貴と
髙:高木雄也でした!
有:それでは、最後は舌平目さんからの胸キュンおやすみでお別れです!
 
髙:明日暇?それなら俺ん家にCome On A My House…
有:フゥー!!行く行く!!