読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今はまだちっぽけな花だけど…

JUMPさんの活躍を見守るのが生きがいなヲタクのblog Twitter @arichineru

【文字起こし】JUMP da ベイベー! 14年5月24日

 
 
 【JUMP da ベイベー! 2014年5月24日】
※名前が出てくるメンバー:山田涼介 知念侑李 伊野尾慧 八乙女光
 
 
 《オープニング》
 
有:こんばんしゃく!Hey! Say! JUMPの有岡大貴です!
髙:高木雄也です!
有:さあJUMP da ベイベー!略してベイジャン!
髙:はい!
有:スタート!!
髙:イェイ!
有:ふっはっはっはっは(笑)
髙:ふっふっふっふっふ(笑)
有:さあ、今日はね気になったメールをまず読んでいいですか?
髙:はい!お願いします!
有:え〜ラジオネームひでしばらさんからいただきました
髙:おっありがと
有:先日ラジオを聴いていると2人の笑い声の最中にパチッ!っという音が
髙:はっは(笑)
有:聴こえてきました。ん?なんだこの音はと思ったのですがやはり次に今度は髙木くんが笑った時にその音が2回聴こえてきました
髙:おー、怪奇現象?
有:たぶん髙木くんは笑う時に思いっきり手をパチンと叩いているんだと思うのですがどうでしょうか?そんなリアクション大魔王の髙木くん、悪くないと思います!むしろ好きです!ということです
髙:怪奇現象?
有:何これ、ラップ音?
髙:ラップ音じゃないの?
有:怖い怖い怖い。やめてパチって
髙:怖ーい。そんなの聴こえてくる(笑)
有:えっ髙木だっていつもねぇ、腕組んでるからて叩いてないもんね
髙:うん、そうそう(笑)叩けないよ(笑)
有:えへっへっへっへ(笑)
髙:はっはっは(笑)
有:というのはウソで
髙:パチッ(手叩く音)、パチッ(手叩く音)、これでしょ(笑)、パチッ(手叩く音)
有:これです(笑)髙木叩くよねたしかに言われてみれば
髙:俺笑うときこうやってやる(笑) パチッ(手叩く音)、パチッ(手叩く音)
有:ふはっはっは(笑)その音ですきっと
髙:俺やってんだな自然と
有:ね
髙:うん
有:気付かなかった
髙:すまんよ
有:すまんよって軽いなお前
髙:はっはっは(笑)
有:ふっはっはっは(笑)さあ今夜もきっと髙木が笑ったらパチッと聴こえてくると思いますがみなさんよーく聴いて確かめてお聴きください
髙:はい(笑)ではJUMP da ベイベー!今夜の1曲目はこの曲です!Hey! Say! BESTでスギルセツナ
 
 ~スギルセツナ/Hey! Say! BEST~
 
髙:お送りしたのはHey! Say! BESTでスギルセツナでした
 
 
 
 
 《初心者JUMP》
 
有:さあJUMP da ベイベー!略してベイジャンをお聴きのみなさんこんばんは。Hey! Say! JUMPの有岡大貴です!
髙:高木雄也です!
有:さあ、それではねここでこちらのコーナーにいってみたいと思います!
髙:お!よろしく!
有:はぁー(息を吸う音)…初心者JUMP!!!(エコー)
髙:はっは(笑)
有:さあではではラジオ初心者の僕たちにちなんでですね
髙:はい
有:みんなが体験した初体験ものを紹介していきたいと思います!
髙:はい!
有:じゃあまず髙木お願い
髙:はい。ラジオネームちかたんさんからです
有:はい
髙:わたくし5月5日に誕生日を迎えました
有:おお、おめでとうございます
髙:イェーイ!!
有:...
髙:...書いてあるんですよ(笑)
有:あぁイェーイって書いてあるのね
髙:はっは(笑)
有:どうした髙木、なんかどうしたと思った。なるほどね
髙:はっは(笑)そんな私が21歳最後に初体験したことは眉毛カットです。生まれてこの方1度も眉毛をいじったことがなく、眉毛用のハサミも初めて使いました
有:はい
髙:ちょっとずれると睫毛やらなにやら余計なものまで
有:あー
髙:ちょん切ってしまいそうで怖かったです
有:はい
髙:剃るのには抵抗があるのでこれからはカットだけでもしていこうと思います
有:うん
髙:有岡くんと髙木くんは眉毛を初めていじったのはいつですか?...だそうです
有:なるほど、眉毛か
髙:はい
有:でも高木はあれだよね、一時期すげー眉毛細かったよね
髙:うん。俺ね中3の頃かな?
有:うん
髙:お姉ちゃんにやってもらってた
有:えー!!
髙:最初、やり方が全く分かんなくて
有:そう、分かんないよね
髙:で、たぶん高2ぐらいまでお姉ちゃんがやってくれてた
有:「眉毛やってー」って?
髙:うん
有:やってくれんだ
髙:やってくれるやってくれる
有:えっそれやってもらってるときはさぁ
髙:うん
有:動けないわけでしょ
髙:もう目瞑って
有:「じっとして!」とか言われるの?
髙:目瞑ってじっとしてる
有:へー
髙:顔が近いからさ。あんま(笑)
有:あはっはっは(笑)
髙:見ると恥ずかしいじゃないか(笑)
有:あっはっは(笑)お姉ちゃんだもんね(笑)
髙:そうそう。だからずっと目瞑って
有:なるほど。俺は
髙:いじる?いじるか
有:俺ねぇ、あの~おこがましいですけどね
髙:うん
有:あの~自分の眉毛に自信持ってるんですよ
髙:はっは(笑)
有:眉毛褒められる
髙:どこに自信持ってるの(笑)
有:褒められることが多いんです
髙:えっそうなの!
有:美容師さんとか美容院で髪切ってもらってるときとか、なんか「いい眉毛してるね」って多々言われるから
髙:えーマジで!?えっじゃあやってないの?
有:あんまり、全然やってない
髙:えーいいなぁ。俺すぐ生えてきちゃうからさぁ
有:あー
髙:眉毛...はっは(笑)
有:あっさすがに俺、真ん中の眉毛がちょっと繋がって
髙:あー!!
有:きたなって思ったらやる
髙:うそ(笑)
有:うん(笑)
髙:俺休みが続いてるときは剃らないでいる(笑)
有:敢えて?(笑)
髙:敢えて(笑)
有:敢えて伸ばす?(笑)
髙:どれぐらい生えてくるんだろうと思って(笑)
有:あっはっはっはっは(笑)
髙:敢えて伸ばしてる(笑)
有:へぇー!
髙:休みが続いた日はね、連休の日とか
有:眉毛放置?
髙:放置放置
有:見てみたいな髙木の眉毛繋がってる姿
髙:えへっ(笑)仕事来る時はさすがに剃ってくるけどね
有:あー
髙:うん
有:そうですか
 
 
 
有:じゃあ続いてのお便りいきたいと思います。ラジオネームももちゃんママさんからですね
髙:うぅん
有:毎週ベイジャンに元気を貰っている26歳の主婦です
髙:26
有:今年の初体験はズバリ子育てです!大変なことも多いですがママ1年生楽しんでます!ここで質問ですが想像でも構いませんのでとっておきの子供のあやし方を考えて教えてください。また、子供と一緒にどんな遊びをしてみたいですか?ぜひお願いします!...子供かぁ。髙木ほら
髙:あやし方ねぇ
有:あれでしょ?甥っ子いるよね?
髙:うん。お姉ちゃんの子供がいるから
有:何歳?
髙:今ねぇ3歳と
有:あっ3歳
髙:1歳半ぐらいかな?たしか
有:あ~、2人とも男の子なの?
髙:男の子だね。元気だね
有:えっどう?どう?結構会う?
髙:うるっさくてねぇ
有:ふふふ(笑)
髙:もううるっさいのよほんとに(笑)
有:どんな感じよ?(笑)
髙:いや、でも俺やっぱあんまさぁ
有:うん
髙:そんな頻繁に会うわけじゃないから
有:うん
髙:俺が行くと喜ぶのすごい
有:なんて呼ばれてんの?
髙:雄也
有:雄也って呼ばれてんの!?
髙:うん
有:いいね!
髙:うん。「雄也ぁあ~!」って
有:「遊ぼうよ雄也~!」って?
髙:「雄也だぁああぁあ~!!」って
有:あっはっはっはっは(笑)
髙:帰ったら「雄也だぁああぁあ~!!!」って言って(笑)
有:はっはっはっはっはっは(笑)(引き笑い気味)
髙:はっは(笑)
有:へぇ~(笑)
髙:「はぁ~い」つって(笑)
有:えっどう接するの?
髙:いや、俺はねふつーうだよ。だからもうおもちゃとか持ってきて
有:うん
髙:「遊んでぇ」ってなるじゃん?疲れてる時はそのおもちゃそのまま戻す
有:ふはははは(笑)
髙:はっは(笑)
有:何も言わず?(笑)
髙:何も言わず戻すんだよ
有:へぇ~
髙:で、それで遊ばないと
有:うん
髙:「ママに言う!」とか言って、「ママに言ってやる!」とか言って。「おぉ言え言え!」って
有:ふははは(笑)
髙:「お前のお母さん俺のお姉ちゃんだから!」って(笑)
有:ふっはっはっはっは(笑)
髙:「何も怖くねぇからな!」とか言って(笑)そんな感じ
有:へぇ~いいね。おもしろいね
髙:いや、楽しいよ(笑)
有:俺ん家もね、あのー姪っ子が
髙:えっ!?
有:いるんですよ
髙:そうなの!?
有:お兄ちゃんの子供が
髙:えっそうなの!?
有:女の子なんだけどね
髙:知らなかったんだけど(笑)
有:うそ!言ったよ!!
髙:えっマジで!?
有:うん
髙:あのお兄ちゃんに!?
有:そうだよ。俺のお兄ちゃん知ってるもんな
髙:マジで!?
有:うん
髙:すげ~!!
有:生まれて
髙:何歳?
有:まだ1歳いってないね。
髙:あっ
有:何ヶ月だろ?5ヶ月くらいかな?
髙:会う?
有:ちょくちょく。あんまり会わないから
髙:かわいっしょ?抱っこした?
有:抱っこしたよ!いいね!
髙:いいよね!
有:やっぱねぇ、でも俺抱き方がねヘタクソみたいで
髙:あっそう
有:うん。難しかったけど
髙:やっぱさ、兄弟の子供ってすごい可愛いよね
有:可愛い!
髙:ねぇ、なんでだろうね
有:可愛いよぉ〜
髙:すごい愛情が生まれるよね
有:ね!
髙:可愛い~って
有:あとねぇ、やっぱちっちゃい子ていったら仕事場とかさ小学生とか
髙:あ~
有:の男の子とか一緒になったりするけどね、大抵そのときなめられる俺
髙:なめられそう~!!
有:めっちゃくちゃもう最初からタメ口だよ
髙:マジ!?
有:うん
髙:「うぉ」って?
有:「しっかりしろよ~!!」みたいな、ケツパンパンされるみたいな
髙:はっはっはっは(笑) パンッ(手叩く音)
有:ほんといつもそんな感じ
髙:マジで?(笑)
有:うん。まっでも変にかしこまってる子よりそういう子の方が接しやすいし
髙:あぁたしかに、可愛いよね
有:楽しい。「てめぇふざけんなよぉ!」とかって言えるし(笑)
髙:ほらあのカレーのCMのとき子供いたじゃん
有:いたいたいた、いっぱいいたね
髙:有岡くんだけめっちゃなめられてなかった?(笑)
有:そうそうそうそう(笑)
髙:めっちゃなめられてたほんとに(笑)
有:俺だけなんか接し方がみんなのね、山田のときとかはさ
髙:そう、「かっこいい〜」って
有:「あっ山田くんだぁ。かっこいい〜」とか言ってさ、言ってたんだけど俺のときはなんかもう、「おいお前!」みたいな感じだったもんね(笑)
髙:で、なんか葉っぱみたいなのがあったの
有:うん
髙:それをその子供が有岡くんに「おい!食べろ!」って言って(笑)
有:そうそうそうそう(笑)「おい!この葉っぱ食べてみろよぉ!」って、俺もなんか意地になっちゃってその葉っぱ食べたよね(笑)
髙:はっはっはっはっは(笑) パチッパチッ(手叩く音)
有:はっはっはっはっは(笑)食べたらその子目まん丸にしてビックリしてたよね(笑)
髙:そう(笑)
有:ほんとに食べやがったこいつみたいな
髙:「俺が食べたら食べろよ!」とか言って対等に(笑)
有:そう、「わかったよ。食べるから俺がもし食べたらお前も食べろよ!」つって
髙:食べたもんね(笑)
有:俺食べた(笑)一瞬口入れた。そんでねその子は全然もう
髙:うん
有:ビックリしちゃってもうね食べなかったよね結局ね
髙:ちょっと引いてた(笑)
有:あっはっはっはっは(笑)
髙:子供ながらに引いてた(笑)
有:このお兄ちゃん葉っぱ食べやがった...つって(笑)
髙:いやあれめっちゃおもしろかった(笑)
有:あったあった。そうそういう感じだよお互いいつも
髙:でも、だから好かれるってことだよね。たぶんもうこの人が優しいってのがわかんじゃない?
有:そうなの。そういう接しやすい感じでいられてるならまあいいかな
髙:ふっふ(笑)
有:へへ(笑)
 
 
 
有:ということで続いて
髙:次いきますね。ラジオネームキノピオさんからです
有:はい!
髙:今回私が初めてしたことはこの4月から始まった友達とのシェアハウスです
有:おおー!
髙:毎日がとっても楽しいし、お互いの家庭のルールとかがもちろん違うので生活の中でいろいろ違うことができてとってもおもしろいです
有:うん
髙:例えば野菜の保存の仕方、野菜の切り方など他にも沢山ありますがふとした事が新しいの毎日です。有岡くん、髙木くんはJUMPのメンバーで誰とシェアしたいとかありますか?よかったら教えてください!
有:シェアハウスかぁ
髙:シェア
有:最近よく聞くよねシェアハウスってね
髙:そうだねぇ。シェアハウス、できる?
有:いやぁーシェアハウス?いや俺、だってさぁトイレとかお風呂とかが何個もあるならいいけど
髙:うん
有:1つのお風呂とかをみんなで共用とかだったらちょっと考えちゃうねぇ
髙:あっほんとに?
有:好きなタイミングで入れたりしないでしょ?
髙:あーたしかにね
有:いちいちこうね気にしながら入って大丈夫なタイミングかなとかそういうの気にしながらやんのはちょっとやだなぁ
髙:俺ねぇ、したことあるの
有:えっ?
髙:友達とみんなで
有:シェアハウス?
髙:シェアハウスっていうか、初めて俺が一人暮らししたときに
有:うん
髙:1人が嫌で(笑)
有:うん。みんな泊まってたの?
髙:そう。仲いい親友の友達たちが
有:うん
髙:4、5人でシェアハウスしてたの
有:え!?
髙:シェアハウスっていうか家に
有:居候でしょそれ?
髙:そう。「家にいてよ!」って
有:うん
髙:「家に住んでよ!」つって、一ヶ月間ぐらい毎日
有:えっどうだった?
髙:やっぱねぇ気になってくる。最初はすっげぇ楽しい!
有:楽しいんだよね
髙:毎日なんかほんとにみんなでワイワイワイワイやって
有:たこパとかすんだろ?
髙:そうそう。して、だからイェーイ!ってなんだけど。やっぱねぇもう途中からねぇ「何でコイツ片付けてねぇんだよ...」とか
有:あー
髙:シャワーコイツ出しっぱなしだなぁとか
有:うん
髙:そういうのが気になる、やっぱ自分家だから
有:そうだね自分家だから尚更そう思うよねだってねぇ
髙:そう、気になってくんの
有:だってお金も発生するわけでしょ?だって水道代とかさ電気代とか
髙:そうそうそうそう。だからやめたの途中で
有:「帰って」って言うの?そういうとき
髙:うん。「帰って」って(笑)
有:ふふ(笑)
髙:「そろそろ1人…でいろいろできるようになりたいな…」つって(笑)
有:はっはっはっはっは(笑)
髙:洗濯とかさ友達がやってくれてたの
有:うん。俺がやるよみたいなね
髙:うん。だから「そろそろ俺も洗濯とかそういうのも覚えないといけないしね」つって
有:ふはっはっはっは(笑)何だよそれ(笑)
髙:徐々に
有:はいはいはいはい
髙:「明日はちょっと無理だわ」とか
有:うん
髙:そんな感じで徐々にやめてった
有:へぇー。やっぱそう考えるとやっぱ難しいのかなぁ
髙:難しいよ
有:いろいろだって、それこそルールとか決めなきゃいけないわけだよね
髙:うん。ルールはねぇ絶対必要だと思うよ。周りでやってる人もルールは絶対決めるって言ってたから
有:ふーん。この曜日はゴミ出しこの人とか?
髙:そうそうそうそう。そういうのとか
有:はあ~あ。なるほどねぇ大変そうだね
髙:う〜ん、大変だと思う
有:でもまあ楽しい事もあるんだろうね
髙:まあね、賑やかだしね毎日
有:寂しくないし
髙:誰とシェアとか(笑)ある?
有:JUMP?あ~JUMPだったら?えぇーんー知念とかやってみたいかも。あの、知念の私生活というか想像
髙:あぁーあ確かに
有:ね?知念がお風呂掃除とかしてる姿見たくない?
髙:いやできんのかな?(笑)
有:見てみたいなーと思って。でもさすがにずっとはイヤだからまぁ3日でいいな
髙:3日ぐらいでいい?
有:うん
髙:あっ俺もじゃあ伊野尾くんとしてみたいわ(笑)
有:あっそうだね。話しできる?
髙:話せるよぉ~
有:もうできるよね
髙:もうできるよ。だって最近よく話すしね
有:うん。最初だってすーごい伊野ちゃんとねぎこちなかったよね
髙:いやもう話せなかった
有:しばらくずっと
髙:もうマジほんと普通に苦手だった(笑)
有:ふっはっは(笑)
髙:はっは(笑)
有:だって高木と伊野尾ちゃん2人でなんかこう番組出るってなってさ
髙:うん
有:2人で収録行ったじゃん
髙:うん
有:んで結構前にね、収録行って。で、その後さぁあのときの収録どうだった?って聞いたら伊野尾ちゃんが「番組の収録より髙木との楽屋の時間が緊張した」って
髙:はっはっは(笑) パチッ(手叩く音)
有:「何話していいか分かんねぇ」つって
髙:はっは(笑)
有:あっはっはっは(笑)
髙:いやほんとだよ?俺らしーんとしてた楽屋で(笑)
有:まあでも今じゃすっかりねぇ
髙:今はほんとに
有:2人で飯行く話とかもしてんじゃん
髙:そうそう。飯行こうかとか
有:んで俺それ聞いてなくて、えっ何俺も行くよみたいな
髙:そう、で3人で行ったんだよね
有:そうそうそう(笑)
髙:そうそうそう(笑)そういうこともあったなぁ
有:いやぁ、おもしろいね
髙:うん
 
 
 
有:じゃあ続いてのお便り紹介しまーす
髙:はい
有:ラジオネームさとこさんからです
髙:はい
有:こんばんしゃく!
髙:こんばんしゃく
有:え〜毎週ベイジャン!笑いながら聴いてます
髙:ありがと
有:ありがとうございます。私の初は大人になって初めてフレンチトーストを食べたことです。甘いのが少し苦手だったのもあるんですけど今はお食事系もあるのですごく美味しかったです。大ちゃんと雄也くんは大人になって初めて食べたものはありますか?…なるほどねぇ。そう!フレンチトーストね
髙:フレンチトーストたしかに
有:今、ほらあのこの前俺ヒルナンデスのね
髙:うん
有:ロケでねフレンチトーストの専門店に行った
髙:えー!
有:いや、今のフレンチトーストほんとすごいよ!!
髙:昔知らないでしょ(笑)
有:えっ(笑)いや、昔は知ってるよ!(笑)
髙:はっはっは(笑)
有:ちゃう、昔は俺だってよくあの日曜日の朝とかね母ちゃんフレンチトースト焼いて出してくれたりとかしてたから
髙:あー
有:食べてたんだけど
髙:うん
有:何がすごいって今のフレンチトーストは、あのそのこの人も、さとこさんも言ってるけど甘い系だけじゃなくて
髙:うん
有:フレンチトーストのエッグベネディクトとかあるわけよ
髙:何?
有:分かる?ベネディクトって
髙:全然分かんない
有:あのねぇ
髙:ベーコン
有:そう、ベーコンとか、目玉焼き?
髙:あーうん
有:とかが乗っかってたりする、まあこの人のあのさとこさんの言うそのお食事系のフレンチトースト
髙:へぇー。全く分かんない俺
有:で俺丁度あの金田一少年のあのードラマ収録した後に行って、何も食べてなくてお腹ペッコペコだったわけ。あまりの美味しさにロケ終わってからもずっと食べてたからね
髙:はっは(笑)
有:あまりにも美味しくて
髙:美味しいと食っちゃうんだよね
有:いやほんと美味しかった!
髙:いいなぁ
有:ぜひ行ってほしい!
髙:いや、場所教えてくれたら行きますわ(笑)
有:じゃあ無理、無理っす(笑)
髙:どこだろって話だからね(笑)
有:そうそうそう、あの渋谷だよ、渋谷
髙:あっマジ?
有:うん。渋谷のパルコの近くにあるから
髙:へぇー
有:ほんと美味しいよ
髙:行ってみようかなぁ
有:フレンチトースト美味しい。そんでね
髙:大人になって
有:大人になって初めて食べたもの。俺は結構この歳になって、俺好き嫌いすごい多かったじゃん
髙:いや、すごーい多いマジで
有:だけど最近になってどんどん克服しててって今じゃもうマヨネーズとかも平気だし
髙:へぇー!?
有:トマトも食べれる
髙:マジ!?
有:トマトも丸かじりできる俺
髙:嘘だ!
有:ほんとほんとほんと!
髙:見ないと信じれないわぁ
有:でしょ?
髙:うん
有:俺ほんと嫌いだったもんね
髙:うん
有:だけどトマト丸かじりもできるし、強いて言うならあと梅だけ
髙:あー
有:梅だけダメ
髙:梅ね
有:うん
髙:食ってたじゃん!!前
有:何が?
髙:ほら飛行機で(笑)光くんがさ
有:うん
髙:乾燥梅みたいのをさ「これなんかハワイの種らしいよ」つって
有:あはっはっは(笑)
髙:「花の種らしいよ」つって、光くん、実はこれ梅干なの。で、それを有岡くんに渡して有岡くんが食って「あっうまぁ!」って(笑)
有:あはっはっはっは(笑)
髙:「うまーー!!」とか言って(笑)光くんが「それ梅干だよ」つったらブッ!!って出して(笑)
有:ふっはっは(笑)
髙:「えっ不味!!」とか言って(笑)
有:あはっはっは(笑)騙されたよ
髙:絶対食えんだってほんと
有:いやぁダメだよ俺。梅はダメだよぉ
髙:絶対食えんだよ!
有:ダメなんだってぇ
髙:ふっふ(笑)
有:そのときはほんとにねハワイのそのどっかの実だと思って食べたから美味しかったけど(笑)
髙:あはっは(笑)
有:いやほんと梅だと分かった瞬間もう梅の味にしか感じなくなってやっぱダメだったの
髙:でへへ(笑)でもうまいうまい言って食べてたじゃん(笑)
有:あはっはっはっは(笑)あったねそんなことね騙されて食べたね。ま、初めて食べたものつったら難しいけどなぁ
髙:うーん
有:髙木なんかある?あの、珍味とか食べたことないの?三大珍味。キャビアとか
髙:あるあるある。キャビアとかあるけど
有:別に最近、大人になってからじゃない?
髙:いや、大人になってからだけど、ちょっとあんまりわからなかった(笑)
有:あーわかる。味ね
髙:うん
有:味はよく分かんないよね
髙:そうそうそう。だからなんかクッキーみたいなのに乗せて、クッキーというか
有:クラッカー?
髙:クラッカー?に乗せて食べてたんだけど
有:うん
髙:クラッカーの味しかしない。クラッカーが美味しすぎて
有:まだまだ髙木もお子ちゃまってことかぁ!!
髙:ふっはっはっはっは(笑) パチッパチッ(手叩く音)
有:あっパチパチパチパチいってるよ!
髙:あっはっはっはっは(笑)
有:ね?
髙:うん
有:俺ゲテモノ
髙:ん!?
有:金田一少年の撮影で香港行ったときにゲテモノ食べた
髙:うわぁ
有:虫とかも食べたなぁ
髙:やば
有:あれは衝撃的だった
髙:味は?
有:味?
髙:虫だった?
有:虫だった
髙:あはっは(笑)
有:いや、虫大嫌いだからさぁほんと当時ほんとそんときテンパっちゃって味覚えてないの
髙:マジ?いや俺は無理だな
有:虫嫌いでさぁ触れないのにさ何でその虫をさ口の中に入れなきゃいけないのって話じゃん
髙:パチッ(手叩く音) たしかに(笑)いや俺は無理だ
有:うん。ダメです。食べたくないもう二度とあれは
髙:うん
有:ということで今日は初心者JUMPここまでです!
髙:はい
有:まだまだみなさんの初体験もの募集していますのでじゃんじゃんみなさんメールを送ってください!
髙:ほい




 《おすすめの一曲》

有:さあそれではここで僕のおすすめの一曲。ジャスティン・ティンバーレイクでLike I Love Youです
 
 ~Like I Love You/ジャスティン・ティンバーレイク
 
有:さあこの曲はですね
髙:はい
有:あの、僕があの~Jr.のときからもう大好きな曲でもうPVがねかっこいいのよ
髙:ジャスティン・ティンバーレイク
有:ティンバーレイク、そう
髙:かっこいいよね
有:かっこいいよ
髙:俺も有岡くんに教えてもらって聴いてたわ
有:そうだよね
髙:うん。聴いてたたしか
有:ダンスがまたかっこよくてねぇ今でも見ちゃう
髙:上手いよね!
有:上手い
髙:ほんと上手い
有:だからたぶんなんだろ、ちょっと僕らの上の人がマイケルジャクソンに憧れてるように今の僕達はたぶん
髙:そうだね
有:ジャスティン・ティンバーレイクだよね
髙:かっこいい。あと声がいいね
有:そうね
髙:やっぱり
有:かっこいいんです。俳優業とかもやってるからね映画とかもいっぱい出てるから
髙:あーそうだよね、観た
有:はい。是非そちらもチェックしてください!お送りしたのはジャスティン・ティンバーレイクでLike I Love Youでした!
 
 
 
 
 《エンディング/胸キュンおやすみ》
 
有:Hey! Say! JUMPの有岡大貴と
髙:高木雄也がお届けしました
有:JUMP da ベイベー!略してベイジャン!今夜の放送いかがでしたか?
髙:いやぁやっぱ初心者JUMPとかおもしろいね
有:おもしろいね
髙:楽しい。もっともっと
有:ね。みんないろんなね初体験ものがあるからさ
髙:うん、だからもっともっといろんなのを聞きたい
有:うん、そうだね。応援したいって気持ちもなるしね
髙:うん
有:はぁい
髙:はい
有:さあさあ初心者JUMPや胸キュンおやすみ、そして僕たちが妄想するコーナー妄想Say!のあのお便りも募集してますのでメールはですね、じぇいゆーえむぴーあっとまーくべいえふえむどっとしーおーどっとじぇいぴー、jump@bayfm.co.jpまでお送りください!
髙:はい!
有:さあそして最後に僕たちHey! Say! JUMPの今後の予定ですがまず僕有岡がですね7月から日本テレビ系ドラマ「金田一少年の事件簿N」に出演します。毎週土曜日夜9時からです!チェックしてください!
髙:そしてですね
有:うん
髙:6月18日にアルバムが発売します!
有:3枚目ね
髙:はい、3枚目のアルバムが発売します!タイトルは「smart」です!
有:はい!
髙:(囁くように)みなさんいっぱい聴いてください…
有:えへへ(笑)なぜ囁いた?(笑)
髙:へへ(笑)
有:さあそして夏からはですねその3枚目のアルバム「smart」を引っさげたツアーが開催しますのでそちらの方もぜひみなさん楽しみにしててくださぁい!
髙:はぁい!お願いします!
有:それでは最後はまめちさんからの胸キュンおやすみでお別れです!
 
髙:一緒に寝よ?
有:いやぁぁあ!冷え症だけど大丈夫ぅ~?