読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今はまだちっぽけな花だけど…

JUMPさんの活躍を見守るのが生きがいなヲタクのblog Twitter @arichineru

【文字起こし】JUMP da ベイベー! 14年6月14日

 

 【JUMP da ベイベー! 2014年6月14日】

 ※名前が出てくるメンバー:知念侑李 中島裕翔

 

 《オープニング》

 

有髙:こんばんしゃくー!

有:Hey! Say! JUMPの有岡大貴です!

髙:髙木雄也です!

有:さあJUMP da ベイベー!略してベイジャン!

髙:はい!

有:始まりましたー!

有髙:パチパチパチパチ(拍手)

髙:イェイ!

有:さあさあさあ今週からはですね2人で「こんばんしゃく」を言ってみようかなと

髙:はい。そうですね(笑)

有:思いましてですね(笑)先週でなんと放送10回を迎えたということで、まあ節目を迎えたということでね

髙:節目に(笑)じゃあ10回目でやれよって話

有:そう、はっはっはっは(笑)

髙:ふっはっは(笑)

有:一応まあ11回目から(笑)

髙:そうだね(笑)

有:やってみましたけど(笑)

髙:はい

有:さあ、早速ですねあのお便りの方届いているので紹介したいと思います!

髙:はい

有:え~ラジオネームたこびらめさん。え~毎日段々と暑くなり、衣替えの季節になってきましたが

髙:あい

有:以前から髙木くんは

髙:あいっ

有:「夏になると無地の黒のVネックTシャツしか着ない」と他のメンバーから指摘されていますが

髙:あいっ

有:かっこ、たまに日替わりで色違いも着用するようですがやはりVネックTシャツ

髙:あいっ

有:今年の夏もVネック一筋の予定ですか?(笑)

髙:えっへ(笑)

有:鎖骨がとても綺麗な髙木くんなのでVネックはとても似合うと思いますが、丸首のTシャツや普通のボタンで止めるシャツなどは着ないのですか?ちなみに私は丸首で思いっきり派手なロゴが書いてあるようなTシャツを夏になると何枚も買い溜めしてしまいます!

髙:おー

有:とのことです。さあ

髙:そうだね。この人が

有:うん

髙:たこびらめさんがたぶん丸首をいっぱい買うのと一緒で俺も、なんか毎日一緒みたいな感じだけど(笑)

有:うん

髙:何種類も買ってんの。ちゃんと

有:な~んなの?同じところの

髙:あっ同じところの

有:もあるんだ!ここっていうやつ

髙:そうそう!それを

有:うん

髙:5枚ずつとか。黒5枚、赤を5枚とか

有:えっそんだらほらまとめ買いすんの?

髙:うん、そう

有:はあ~

髙:のが楽だから。でも(笑)

有:うん

髙:「毎日同じ服じゃね?」みたいな感じに言われるよ(笑)

有:そうだよね

髙:うん。全然違うんです

有:でも

髙:全然違うから

有:でも今日Vネックじゃないね

髙:今日はね(笑)ちょっとタンクトップにしてみた(笑)

有:あはっはっは(笑)ああ新しいね!タンクトップ!?

髙:そう(笑)タンクトップが似合う男になりたいなと思って

有:あ~

髙:そう。体も

有:そうだね

髙:そう。鍛えてるし

有:意識するしね!

髙:そうそう

有:肌がすごい見えるからなんかちゃんとしなきゃって思うしね

髙:そう。だから今年はVネックとタンクトップでいこうかなと

有:はぁ~なるほど

髙:思ってます!(笑)

有:はい(笑)

髙:ふっふっふ(笑)

有:なに、Vネックね。でも楽だよねたしかに

髙:楽!ほんとに。まあ女の人はねVネック嫌がる方すごい多いけど

有:えっそうなの!?

髙:らしいよ

有:いや俺今日Vネックなんだけど

髙:あのコンサート衣装のほら、あの~グッズ?

有:うん

髙:とかを話してる時に言ってた

有:女の子が着る

髙:のは

有:は、あのVネックはあんまり

髙:そうそう。「Vネックがいい」って言ったら

有:うん

髙:「Vネック嫌なんじゃない?」みたいな「女の子は嫌だよ?」みたいな事言われて、あっそうなんだって思って

有:たしかに女の子のVネックってイメージないねあんまり

髙:そうそう

有:なるほどね

髙:見えちゃうからね

有:何が?

髙:はっはっは(笑)Vを(笑)

有:何が見えちゃうの?(笑)

髙:掘り下げる場所じゃないから(笑)

有:何が見えちゃう?

髙:あの、セクシーゾーン(笑)

有:ああセクシー(笑)

髙:セクシーゾーンが(笑)

有:なるほどね(笑)

髙:見えちゃうから(笑)

有:上のね(笑)

髙:はい(笑)

有:セクシーゾーンがねちょっと

髙:はい

有:垣間見えちゃうからね

髙:そうです(笑)

有:はい。じゃあそれでは早速今夜のJUMP da ベイベー!オープニングナンバーはこの曲です!Hey! Say! JUMPでReady Go

 

 ~Ready Go/Hey! Say! JUMP

 

有:さあ、ね、6月18日に発売となるHey! Say! JUMPのニューアルバムのね

髙:はい

有:「smart」に収録されてるこの曲ですが、俺ねめちゃくちゃ好きなんだよねこの曲

髙:この曲やったらさ、踊ったりするとすごい楽しいんだよね

有:う~ん!

髙:だから構成が見えてくるよね!

有:そうだね!

髙:コンサートで

有:そう!

髙:こういう風にやりたい!みたいな

有:そうなんですよ。もうコンサートのイメージがすごい、ビジョンがこうパァッて出てきて

髙:うん

有:走ってるイメージするしさ

髙:あっ分かる(笑)

有:こうワァってReady Go~♪って

髙:だからみんなで作り上げる感じだよね

有:そう!だからね

髙:ファンのみなさんと

有:そう。ファンのみんなにもねいっぱい覚えて

髙:うん

有:一緒にねライブ会場では大声で歌って欲しいなと

髙:はい!

有:思っております!

髙:お願いします!

有:はい!

髙:お送りしたのはHey! Say! JUMPでReady Goでした!

 

 

 

 

 《妄想Say!》

 

有:さあ!ベイジャン、続いてはこちらのコーナーにいってみましょう!・・・妄想!、Say!…Say…Say…Say

髙:くっくっくっく(笑)

有:さあ、このコーナーはですね

髙:はい(笑)

有:妄想好きな僕たち2人が与えられたシチュエーションでですね、自由に妄想トークをしていくコーナーでございます!

髙:はい!

有:さあ、今夜もねすごいいっぱいお便りが届いたんですけど

髙:はい

有:最後の1枚は

髙:ふっふ(笑)

有:え~今回も妄想Say!Neoをお届けしますのでみなさんお楽しみにしててください!

髙:お楽しみに!(笑)

有:さあ!ではまず最初は妄想好きな僕たち2人が与えられたシチュエーションで自由に妄想トークをする

髙:はい

有:妄想Say!最初のメールはこちらです!え~っとペンネームあっつんさんからですね

髙:あっつん

有:私は昔からスーツ男子が大好きです

髙:はい

有:なので雑誌などでスーツを着てる髙木くんを見ると「あ~もし仕事場にスーツを着た髙木くんがいたら・・・」と妄想しています!

髙:はっはっは(笑)

有:なので今回は、もし自分がサラリーマンで同じ職場に彼女がいたらという妄想をしてほしいと思います!

髙:あ~ワクワクするね~

有:なるほどね!オフィスラブってやつですね!

髙:そうだね。でも俺、サラリーマンのスーツ姿好きなんだよね

有:あっそう

髙:朝とか電車乗ったときとか見ると「カッコイイなぁ」と思って見ちゃう

有:まあそうだね。いわゆるカッコイイ大人の男性のユニホームですからね

髙:そうそうそうそう

有:スーツはね(笑)カッコイイよね

髙:オフィスラブかぁ

有:え~どんなの、全然想像できないなぁ。でもよくねドラマとかで観るのはほら「これお願いします!」なんてさ

髙:うん

有:書類をこうやって渡す時にさちょっとこう、あれねポストイット

髙:はっは(笑)ポストイット?(笑)

有:ポストイットにさちょっとこう

髙:あー

有:「お疲れ様♡」みたいな

髙:あっいいねぇ(笑)

有:なんか、ね?

髙:うん(笑)あっドラマとか

有:「今日もカッコイイよ♡」みたいな

髙:えっへっへ(笑)何で俺が照れてんの?(笑)

有:はっはっはっは(笑)お前にデレてねぇけど別に!(笑)俺、髙木に言ってるわけじゃないからね(笑)

髙:いや、いいよねぇ(笑)

有:はっはっはっは(笑)そういうの、でしょ?

髙:あー

有:あと何だろ?2人で残業とか

髙:あ~

有:あっちょっとさぁ、あの半分だけ照明切ってて暗くてさ!

髙:うん(笑)

有:あの(笑)ちょっとだけ絞られてんだよね、照明がね(笑)

髙:そうだね(笑)

有:で、パソコンとかあってさ(笑)

髙:もう完全にドラマのイメージだよね(笑)

有:うん(笑)いや、いいよね!

髙:いいなぁ

有:あーしてみたいなでも。えーでもなぁどんな感じだろ?

髙:まあやれたとしてもね

有:うん

髙:ドラマとかでしかたぶんこの先やれることがないから(笑)

有:まあ、そうですよね

髙:うん

有:あと、あっあれだよね。やっぱパソコンのメールとかさ

髙:あー

有:で、こっそり

髙:会社内でってこと?

有:そう。こっそり連絡取ってたりとか

髙:「今夜、何時にあそこね」みたいな?

有:そうそうそうそう。「今日終わったら明日会えるよ」みたいな。とかさ

髙:「よーし!頑張るぞぉ!!」

有:あっはっはっはっは(笑)

髙:はっはっは(笑)     パチッ(手叩く音)

有:でそれをね、間違えてこう社内中にこう間違って誤送信しちゃうとか

髙:上司とかね

有:そう。でバレちゃうみたいな。あーいいねぇ。いいねぇ!

髙:このコーナーやる度にね笑いすぎてアゴが痛いんだよ

有:はっはっは(笑)

髙:だからニヤニヤしちゃうんだよ!

有:俺すげーヨダレ出てくるんだけど

髙:はっはっはっは(笑)    パチッ(手叩く音)

有:そう(笑)

髙:いいねぇ

有:あっいいねぇ!あっやってみたいなぁでも

髙:みんないいもの持ってるねぇ

有:髙木スーツ似合うよね!ほんとに

髙:かな?自分じゃ全然思わないけど

有:髙木とね裕翔がめっちゃ似合うんですよスーツが

髙:スーツ、買いたいんだよね今

有:あっそう

髙:うん

有:持ってないの?

髙:なんか特注、作れるじゃん

有:ちゃんと

髙:オーダーメイド

有:身の丈にあった

髙:そうそうそうそう。・・・身の丈にあった(笑)

有:ごめん(笑)間違えた間違えた(笑)使い方間違えた(笑)

髙:あの、身の丈にあったスーツを買います!(笑)

有:はっはっは(笑)何だろ(笑)あの、ちゃんとさ採寸してもらいね?(笑)

髙:そう(笑)ちょっとそれで男っぽさをもっと上げようかなと

有:そうだね。でも1着はなんか良いスーツ持ってたいね

髙:持ってたい

有:男としては

髙:いろいろこれからね、大人になってきたから

有:うん。着る機会もあるだろうしね

髙:だから欲しいね

有:うん。俺もちょっと考えようかなスーツ

髙:じゃあ(笑)次行きます?(笑)

有:はい(笑)はいはい

 

 

 

髙:え~ラジオネーム、カニクリームコロッケさんから

有:あー

髙:え~私はいろんな服を見たり(笑)買ったりするのが大好きな女子です

有:はい(笑)

髙:そんな私の妄想は

有:うん

髙:店員さんのいないデパートや洋服屋さんで思う存分に服を見たり、試着できたらいいなという内容です

有:あー

髙:私は服を選んでる時に店員さんに話しかけられるより

有:うん

髙:自分で自由に選びたいタイプなのです

有:はいはい

髙:それと、店員さんにオススメされて断るのもなんとなく気が重いときがあります

有:うーん

髙:あと、ちょっと敷居が高いかなというお店にも店員さんがいなければ入ることができて、普段あんまりしないようなファッションにトライすることもできるのになぁなんて考えています。お2人は服を選んでる時に店員さんはいた方がいいですか?話しかけられるのも全然OKですか?とのことです

有:なるほどねぇ。これはねぇ、たしかにね

髙:うん

有:俺もね、すごいあの~店員さんとかに話しかけられんの大っ嫌いだったんだけどさ

髙:うん

有:1人で集中して

髙:嫌いだった?

有:そう。だったんだけど。やっぱりね店員さんのこと考えると、やっぱノルマみたいなのあるんでしょ?あれって

髙:あーそうでしょ。たぶん。あると思うよ

有:売り上げのね

髙:何枚売らないといけないとか

有:だから店員さんもねその気持ち分かった上でね話しかけてくるわけですよ

髙:あー

有:たぶん分かってるんだって、こっちの気持ち

髙:俺はもうダメだからさ

有:うーん

髙:話しかけられんの

有:だからねそう思うようになってからはなるべくね店員さんとも話すようにしてる

髙:マジ!?

有:うん

髙:大人になったなぁ!

有:大人になった

髙:はっはっは(笑)

有:今までね音楽、イヤホンとかしてさ

髙:あー

有:無視してたけど、ちゃんとね話してオススメ聞いたり。でもねちゃんとね断るときは断ってもね全然ね優しいというか

髙:あー

有:こっちの気持ちも分かってくれてるから

髙:「大丈夫ですよ」って

有:そう。ヤな顔しないからね

髙:あー。あの敷居が高い店のさ

有:うん

髙:入れる?俺マジ無理なの!

有:あっ

髙:店の前まで行って

有:はいはい

髙:中を1回見るのね

有:うん

髙:俺、絶対に洋服屋さん行ったときって。で、ちょっと敷居が高いとこってさ箇所箇所に立ってるじゃん!

有:うんうん(笑)

髙:だから入れないの!

有:いや、髙木だっけさ?一緒にさ車屋さん行ったの(笑)

髙:車屋さん?

有:髙木じゃないっけ?(笑)

髙:あっ一緒、行った行った(笑)   パチッ(手叩く音)

有:あの(笑)ちっちゃい頃、まだ(笑)

髙:そう(笑)

有:高校生なってないか?(笑)

髙:そう(笑)

有:すっごいカッコイイさぁ(笑)

髙:高級外車(笑)

有:高級車(笑)高級外車のねディーラー?

髙:ディーラーさん

有:があって、見るからにクソガキみたいな2人が入ったんだよね、車見たくて(笑)

髙:そうそう(笑)

有:どうしても中とか覗いてみたくて入ったんだよね。でもねすごい変な目で見られてたよね

髙:そう。超邪魔そうだったよ

有:「なんだコイツら。ゼッテー買う気ねぇだろ」みたいなね

髙:うん(笑)でも話しかけもしてこなかったよね。だから(笑)

有:してこなかった(笑)

髙:どっかのガキが入り込んできた(笑)

有:見学あれは。社会科見学ですよちょっとした

髙:そうだね(笑)でも楽しかったな

有:うん。まあ話逸れちゃったけど

髙:うん(笑)

有:ね(笑)あのね敷居の高い何、服屋さん?

髙:うん。入りづらいなぁって

有:入りづらい。試着する?まず

髙:俺しない

有:しない?

髙:しないね。前1回「ここで着替えていいですか?」って言ったらズボン、怒られた(笑)

有:そりゃそうだよ!(笑)当たり前でしょ(笑)

髙:「他のお客さんもいるんで」って言われて(笑)

有:そりゃそうですよ(笑)

髙:「あっそうですよね」つって(笑)

有:超怒られますよ(笑)

髙:そう、ダメなの、何枚も何枚もさぁ着てさぁ

有:あ~分かるよ。俺もね特にそう、パンツ?ズボン?

髙:そうズボンとか

有:とかはねぇ、めんどくさいし靴脱がなきゃいけないしね

髙:そうそうそうそう

有:面倒くさいけど。俺それでその~試着しないで買ったら失敗してさ

髙:うそ

有:全然キツくて履けなくて

髙:それはやだね

有:だから~

髙:おっきかったらいいけど

有:ちゃんとしなきゃダメだなぁって思うようになった

髙:する?今は

有:今はする

髙:へぇ~

有:だからその着れなくなったデニム?だったんだけど、あまりにもさぁきつくて着れないから知念にあげた

髙:あっはっは(笑)喜んだでしょ?

有:いや、でも知念着てるとこまだ

髙:はっはっは(笑)

有:履いてるとこ見たことがない

髙:いらなかったんじゃない?

有:結構前なんだけどなぁ

髙:いらなかったんじゃない?(笑)

有:いらねぇんだな多分。だろうねぇ

髙:うん

有:あのカニクリームコロッケさんの言うさ普段あまりしないようなファッションってどう?トライしてみたい?

髙:あ~

有:気持ちはある?

髙:あの外国人の方がさ

有:うん

髙:アメリカとか

有:うん

髙:夏になるとさぁすっげー短パン着るじゃん?

有:あっ履く履く!うん

髙:でもさぁすっごいカッコイイじゃん?

有:カッコイイよね

髙:あれをやってみたいと思って買ってみたことあんだけど

有:うん

髙:やっぱ変なんだよね

有:あっ

髙:すごい

有:短パン小僧になっちゃうんでしょ?

髙:そうそうそう!違和感あんだよすっごい

有:分かる!(笑)

髙:でもやりたいの(笑)

有:分かるよそれ!

髙:すごい

有:俺もねほんと最近よ?

髙:うん

有:だからその短パンちょっと履いてみよっかなって思って膝小僧が見えるくらい

髙:うん

有:あの膝上ぐらいの短いやつ買おうかなと思うんだけど、やっぱりね勇気が

髙:やっぱあれはまだちょっと挑戦

有:外国人の人はもう何でも似合うもんね

髙:何なんだろ

有:何着てもさぁ様になるからあれはズルイよ

髙:何でだろうね

有:何でだろうね

髙:自信を持ってるからってのもあんだろうね。だから変じゃないけど?っていう

有:うーん

髙:だからそういう風にいれば、まあ最初は「何それー!(笑)」みたいな言われるだろうけど

有:うん。分かるわー

髙:うん

有:分かる分かる。いるんだよ最近、街とかで見るけどさぁ

髙:うん

有:やっぱりねその色黒?すごい日焼けしてて

髙:あー

有:その白いすんごい短いパンツ履いててみたいな

髙:ふっふっふ(笑)

有:やっぱ(笑)ね、雑誌とかで見る外国人とかの人とはちょっと違うんだよね

髙:そうだよね。何でだろ

有:なんかちょっとガラ悪くなったりするのね

髙:あっガラ悪い、ガラ悪い(笑)

有:そう(笑)

髙:ガラ悪くなる(笑)

有:あれ難しいとこだよね(笑)

髙:うん。いや、そういうのに挑戦していきたいなっていう感じ

有:あーなるほどね。俺セットアップチャレンジしてみたい

髙:ああ上と下一緒ってこと?

有:そう。あれなかなかさ雑誌の衣装とかでは着るけどさ

髙:あーうんうん

有:普段となると勇気いるよね

髙:スウェットとかだったらいけんだけどね(笑)

有:あースウェットね。まあ難しいねファッションは

髙:難しい。勉強する!

有:僕もじゃあ勉強します!

髙:しときます!

 

 

 

 

 《妄想Say!Neo》

 

有:はい。じゃあここからはですね、妄想Say!Neoの

髙:おおー!   パチッパチッ(手叩く音)

有:コーナーに移りたいと思います!

髙:キタ~!

有:お待ちかね!

髙:大好き

有:さあ今夜はですね

髙:はい

有:ラジオネームふじさわさんが考えてくれた妄想ドラマでございます!

髙:うぇーい

有:じゃあ内容説明しますね

髙:はい

有:え~彼氏である雄也くんと

髙:うん

有:海デートの設定です!

髙:お~

有:女の子なら1度は言われてみたい憧れのセリフを取り入れてみました!待って、これさぁ髙木のさとこはさ「雄也」って入ってんだけどさぁ

髙:うん

有:もう片方「女」って書いてある

髙:あっはっは(笑)   パチッ(手叩く音)

有:あれ?(笑)これいいんですかね?

髙:えっへ(笑)

有:いいですかね

髙:もう、うん。じゃあ有岡さんが、うん

有:じゃあ僕がその、女の子役やりたいと思います!

髙:はい

有:それではいってみましょう!妄想Say!Neoです

 

 

有  (女)  :うわぁ〜!夜の海って綺麗だね!

髙(彼氏):俺、お前と付き合うまではいつもここ1人で来てたんだ。ちょっと車の外出て海の方行ってみる?

有  (女)  :うん!あっ外、もう結構暗くなってきたね

髙(彼氏):うん。ほら、手

有  (女)  :えっ?

髙(彼氏):だから手!見失わないように俺のちゃんと握ってて。…(笑)

有  (女)  :う、うん(笑)うわぁ(笑)温かい手!

髙(彼氏):こうして波の音聴いてると(笑)マジで癒される

有  (女)  :ほんとだね!空の星もすっごく綺麗だよ。あっ、ハッ、へックション!!!

髙(彼氏):はっは(笑)(思わず笑う)うん?(笑)寒い?(笑)

有  (女)  :あっ大丈夫だよ。外は寒くても雄也くんと繋いだ手すごく温かい

髙(彼氏):ありがと。でもさ、風邪ひいちゃうからさこれ掛けてね

有  (女)  :ありがとう。でも、雄也くん寒くない?半袖だよ?

髙(彼氏):俺は大丈夫。あっでも

有  (女)  :うん?

髙(彼氏):お前のことギュウってしてていい?そしたら温かくなれそう

有  (女)  :うん。いいよ。いっぱい(笑)いっぱいギュウってして?

髙(彼氏):分かった。…愛してるよ

 

 

髙:あはっあっはっは(笑)

有:うわ〜なんだよ!!ちょっとぉ!これさぁ!

髙:ちょっと

有:待って(笑)

髙:これねぇ(笑)

有:すっげー汗かいたんだけど!

髙:俺もヤバい!冷や汗が

有:あっついあっつい!

髙:ちょっとハンパない!

有:あっついあっつい!

髙:ちょっと待って(笑)

有:ふっはっは(笑)これ(笑)あのさぁ俺、これ選んだけどさぁ

髙:うん(笑)

有:俺、完全シチュエーション?と

髙:うん

有:パアッていう流れでなんとなく見てちゃんとセリフをね

髙:うん

有:一通り、全部こう目を通したわけじゃなくてさぁ、いざこうやるときに言わなきゃと思ってこうセリフ読んでたら結構恥ずかしかったから

髙:いや(笑)もう~なんだよ!(笑)なんだよ、ふじさわさん!(笑)

有:ふじさわさん(笑)やるなぁふじさわさん!

髙:いやでもこれもうベタベタの例ですよ(笑)

有:まあでもねぇ、あ~このシチュエーション憧れるね

髙:う~ん。もう(笑)俺これねぇドラマの撮影であろうが、たぶん冷汗かいちゃった瞬間(笑)

有:はっはっはっは(笑)ね、俺もちょっと途中ほんと照れがね隠せなくて笑っちゃった。「ハックション」なんてね完全男でしたからね

髙:はっはっはっは(笑)

有:もう(笑)女の子のクシャミなんてできなかった俺。気が動転して

髙:いやぁ…いいよぉ…

有:いやぁ楽しかった…

髙:ありがと

有:また(笑)できたらいいですね(笑)

髙:うん

有:いやいやいや

髙:いやいや(笑)

有:あぁ~あ…ちょっと

髙:疲れちゃったよぉ!

有:呼吸整えないと

髙:今ので!

有:さあさあさあ、今夜は以上ですが僕たちに妄想してもらいたいシチュエーションは妄想Say!宛てに、みんなの妄想が発展したラジオドラマを考えてくれる方は妄想Say!Neoのコーナーまで送ってください!

 

 

 

 

 《おすすめの一曲》

 

有:それではここで一曲、髙木のおすすめの一曲ですかね

髙:はい!え~ブリトニー・スピアーズでEverytime

 

 ~Everytime/ブリトニー・スピアーズ

 

髙:どう?

有:いや俺これすごい好き。俺も好き

髙:知ってた?

有:知ってた知ってた!

髙:ほんとに?

有:ピアノの音がすごい好きでこの旋律というかあれが

髙:すごい前の歌かな?

有:そう。結構前だね

髙:だよね

有:これPV見た?

髙:見た!

有:PVもまたね切なくてね

髙:そう、いいんだよね

有:ね、パパラッチに追われてる人の苦悩みたいなね

髙:うん

有:芸能人ならでは

髙:だからリアルなんだよね!

有:そう!あの、お風呂の中でね

髙:そう

有:こうね。あー分かる分かる分かる

髙:可愛かったんだよぉ

有:可愛いね。今は?(笑)

髙:い(笑)今は綺麗だよ(笑)

有:そうね(笑)

髙:昔は可愛かったの、ほんっとに

有:いやほんとに。だって俺

髙:天使だった

有:CD屋さんとかにさぁ等身大のパネルとか置いてあってさぁ。そのブリトニーの

髙:へぇ~

有:で、すんげー可愛いと思って

髙:俺の友達がだって、あの~初恋の人って言ってたもん

有:あっブリトニー?

髙:うん

有:あっでも分かる

髙:この歌を車で流してたら「なんで知ってんの?」とか言って

有:うん

髙:「知ってるよ!」つったら「俺、この人初恋の人なの!」とか言って

有:へぇ~。これブリトニー自身が考えた曲らしいよ

髙:あっそうなんだ!

有:そう。ピアノ弾いて

髙:俺が紹介しといて(笑)

有:ごめん(笑)ごめんね(笑)ごめん(笑)

髙:有岡くんの方が詳しいんだよね(笑)

有:補足情報、補足情報です

髙:補足ありがとうございます(笑)

有:はいはい、はい(笑)

髙:お送りしたのはブリトニー・スピアーズでEverytimeでした

 

 

 

 

 《エンディング/胸キュンおやすみ》

 

有:さあ、Hey! Say! JUMPの有岡大貴と

髙:髙木雄也がお送りしました!

有:JUMP da ベイベー!略してベイジャン!さあ、いかがでしたか今日は?

髙:今日は、あの~笑いすぎてちょっとアゴが疲れた(笑)

有:何なのそのアゴアゴ言うけどさっきから(笑)

髙:はっは(笑)いや、ほんとに今日はね(笑)

有:うん

髙:妄想でね、やられた(笑)

有:ね

髙:うん。今日はやられた

有:やられたね。俺も妄想Say!Neoのさぁ、そのラジオドラマでさぁ

髙:うん

有:あ~ここ、こう言っときゃよかったなぁみたいな、こう言い換えれたら面白かったのになぁみたいなのがねぇ

髙:やり終わって?

有:後から出てきてねぇすんげー悔しい!だからそういうこともね次に生かして頑張っていきたいと思います!(笑)

髙:ふっふ(笑)はい!

有:さあ、そしてそれぞれのねコーナーへのメールもジャンジャンお待ちしております!え~初心者JUMPや胸キュンおやすみ、妄想Say!のコーナー、そしてみんなが考えてくれた妄想ドラマは妄想Say!Neoまで送ってください!メールはえ~jump@bayfm.co.jp、じぇいゆーえむぴーあっとまーくべいえふえむどっとしーおーどっとじぇいぴーです!さあ、そして今後のね僕たちのHey! Say! JUMP

髙:はい

有:からのお知らせですが、え~来週6月18日にニューアルバム「smart」を発売します!さらに8月からはですねぇ全国4会場

髙:はい

有:14公演の全国ツアーも行いますので皆さんアルバムをね聴き込んでぜひ足を運んでいただけたらと思っております!

髙:お願いします!

有:さあ!私有岡はですね、7月から日本テレビ系ドラマ「金田一少年の事件簿N」に出演します!え~毎週土曜日夜9時からなのでそちらの方もお楽しみにしててくださぁい!

髙:はぁい!そして~僕髙木からですねフジテレビの土曜ドラマ

有:うん

髙:「水球ヤンキース」に出演します!

有:おー!

髙:水球ですよ!

有:うん。まあ、また色々話し聞こうと思ってるんだけどラジオでもね

髙:うん。だから

有:うん

髙:今年の夏はねこの水球ヤンキース、青春を過ごしたいと思います

有:夏っぽいよね!やっぱり

髙:うん。夏にピッタシのドラマだと思うので皆さんぜひ観てください。お願いします

有:はぁい!さあ!ということでJUMP da ベイベー!お相手はHey! Say! JUMPの有岡大貴と!

髙:髙木雄也でした!

有:え~それでは最後はえーっとラジオネームよしちゃんさんからの胸キュンおやすみでお別れです!

 

髙:お前のぬくもりを感じさせて?

有:ハッ、ハッ、ヘックシュン!!!