読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今はまだちっぽけな花だけど…

JUMPさんの活躍を見守るのが生きがいなヲタクのblog Twitter @arichineru

【文字起こし】JUMP da ベイベー! 14年7月12日

 

 【JUMP da ベイベー! 2014年7月12日】

名前が出てくるメンバー:八乙女光 岡本圭人 山田涼介

メンバー以外で出てくる名前:亀梨和也 堂本剛 安田章大

 

 《オープニング》

 

有髙:こんばんしゃく!

有:Hey! Say! JUMPの有岡大貴です!

髙:髙木雄也です!

有:さあ!JUMP da ベイベー!略してベイジャンのお時間です

髙:はい!

有:まずはねちょっと心理テストからやっていきたいと思います

髙:来てますね~

有:じゃ髙木お願い

髙:はい!ラジオネームぽこちゃんさんからです

有:おぉ

髙:今日は華の20代のお二人にぜひこの心理テストにトライしてもらいたくてメールをしました

有:どれどれ

髙:問題

有:うん

髙:あなたは大切な人にプレゼントを買いに行くことにしました

有:はい

髙:お店でこれだ!という一点物を選びましたが

有:うん

髙:横で知らない人が「どうしてもそれが欲しいから自分に譲れ」と言います。さてそれはあなたから見て何歳の人に見えますか?

有:なるほど。なに、具体的な歳言った方がいいのかなこれは?

髙:そうだね

有:え~?そうだな~いい?じゃあ俺

髙:うん

有:34歳

髙:あ~34か。俺はねぇ

有:年上の34歳の男性。スーツ、背広

髙:えへ(笑)そこまで?(笑)

有:うん

髙:俺はねぇ同じ歳ぐらいかな?

有:あっそう?

髙:24ぐらい

有:OK。いい?答えいく?

髙:うん

有:はい

髙:いってみます?

有:はい。何が分かるのかな?

髙:え〜何が分かるんだろ?

有:うん

髙:診断結果!

有:はい(笑)

髙:駄々をこねてるその人の年齢がズバリあなたの精神年齢です

有:えー!?バレた(笑)バレた(笑)

髙:お二人の精神年齢、何歳と出るのか楽しみにしています(笑)

有:あぁ~バレた~ちくしょ~

髙:34だって(笑)

有:そう、実はね隠してきたけど精神年齢すごく大人なんです僕

髙:へぇー

有:見た目は子ども中身は大人

髙:えっへっへ(笑)

有:その後は言えません(笑)

髙:なんか知ってるなぁそれ(笑)

有:その後は言えませんよ(笑)

髙:俺はそのままね、俺ほんとは12、3歳で考えてたの(笑)

有:あっそれがほんとなんだと思う。うん

髙:あっはっは(笑)

有髙:34歳かぁ...

有:ふははは(笑)

髙:しんみりしちゃうよなんか(笑)

有:ね(笑)34歳かぁ、俺の中34歳なのか

髙:どう?大人?

有:そうだねぇ、まあ日々感じてたけどね

髙:感じてんの!?

有:感じてたでしょ?

髙:まあね

有:普段、決してね34歳かは分からないけどやっぱ大人でしょ?

髙:...おぉおお

有:何やってんの髙木?(笑)

髙:あは(笑)

有:待って何やってんの?

髙:コードが絡まった(笑)

有:あはは(笑)これ12歳ですから髙木

髙:あっはっは(笑)

有:やっぱあの、精神年齢12歳です。すごい、心理テスト当たってます!

髙:当たってるよ~(笑)

有:ありがとうございました!ぽこちゃんさん

髙:ぽこちゃん

有:さあ、ここでですね早速JUMP da ベイベー!今夜の1曲目に参りたいと思います!Hey! Say! JUMPでコンパスローズ

 

 ~コンパスローズ/Hey! Say! JUMP

 

髙:さあ、この曲はですね現在発売中のHey! Say! JUMPサードアルバムから1曲お届けしたんですけど、コンパスローズ

有:はい

髙:これはメンバーの八乙女光が作詞したんですけど、光くんらしいね

有:いや、なんだろうね八乙女節っていうのかな?なんか不思議なね言葉の並べ方というかねチョイスするんだよね

髙:どこの引き出しからこの言葉を持ってきてんだろっていう

有:そう、ほんと

髙:不思議な歌詞だけど

有:うん。でもなんかやっぱりいいよね

髙:うん

有:好きだよ俺、こういう光くんの作詞は

髙:いや、俺も。だから早くコンサートとかでね

有:うん

髙:皆さんに披露したいと思います!

有:ちなみにあれだよ?コンパスローズってどういう意味か分かる?

髙:コンパスが向く方?

有:なんかねぇ、聞いたの

髙:うん

有:気になって光くんに。そしたらあの~地図、例えば海面図とかさ

髙:うん

有:の右下とかにあの~コンパスの方位

髙:ああ、あるね

有:マークってあるでしょ?あれがなんかお花に見えるって。...そういう、あるらしいんだよ。それでお花に見えるからコンパスローズっていう、その地図に書いてあるあのコンパスのをコンパスローズっていうんだって

髙:へぇ〜!オシャレ!!

有:ね、よくそんなこと知ってたなって話をしてた

髙:八乙女光の頭に一度入ってみたい

有:そうだね

髙:どういう考えをしているか、自分とは

有:何時間ぐらい入ってたい?何時間ぐらい入ってたい?

髙:えっ?うーん2時間ぐらいでいいや(笑)

有:あっ2時間ぐらいでいいの?(笑)

髙:詞を考えるぐらい(笑)

有:そうですか(笑)

髙:ふふ(笑)え〜お送りしたのはHey! Say! JUMPでコンパスローズでした

 

 

 

 

 《初心者JUMP》

 

有:さあ!bayfmからお送りしております。JUMP da ベイベー!略してベイジャンをお聴きのみなさんこんばんは。Hey! Say! JUMPの有岡大貴です!

髙:髙木雄也です!

有:さあ、それではここらへんでですねこちらのコーナーにいってみたいと思います!いきますよ?

髙:はい

有:初心者JUMP...JUMP...JUMP...JUMP...さあ!それでは

髙:はい

有:ラジオ初心者の僕たちにちなんでですねみんなが体験した初体験ものを紹介していきたいと思います!

髙:はい

有:じゃあまずは髙木、紹介お願いします

髙:え〜ラジオネームたかなわさんからですね

有:おお

髙:私が初心者デビューしたのは香水です

有:あら

髙:高校生になり初めてできた彼氏とのデートに少しだけ香りのオシャレも取り入れようと思い

有:うん

髙:人生初の香水を買いました

有:あらま

髙:いろんな種類の香水が売られていて

有:うん

髙:一つ一つ香りを嗅ぐのも大変だったのでその中で目についた「海を感じるマリンテイストの香り」と書かれていた香水を購入してみました

有:いいねぇ夏だねぇ

髙:ボトルの色も

有:うん

髙:涼し気なマリンブルーで綺麗でした

有:はい

髙:その結果、デート中「あれ?なんか今日いい匂いするね」と

有:大成功じゃないですか~

髙:彼氏にも褒められ

有:あら

髙:私の香水デビューは成功に終わりました

有:やったね

髙:これからもデートとき限定で香水で香りのオシャレも楽しみたいと思います

有:うん!

髙:お二人は香水は常日頃つけていますか?それとも特別なときだけですか?好きな香りの系統の香りなどあれば教えてください!

有:はい。まずはね大成功おめでとうございます

髙:おめでとう!よかったねぇ

有:ね!でも、せっかくだからねぇそうやって言ってくれたなら

髙:うん

有:デート中じゃなくてもね普段からオシャレとしてね香水取り入れたら

髙:いいと思うけど

有:ね

髙:でもあれなんじゃない?彼のときだけ特別にっていう

有:あっでもそうだね!この香水の匂いを嗅ぐたびにその彼とのねデートの思い出がフラッシュバックして

髙:だから普段は違う香水つけて

有:うん

髙:彼とのデートときだけこの香水にすればいいんじゃないかなって思うけど

有:そうだよね。まあ、そうだよ。この機をきっかけにいろんなね香水、こう嗅いでみてね

髙:うん

有:香水集めとかね

髙:あれだよ?

有:試してみたらいいんじゃない?

髙:もし別れたらあれだよ?(笑)

有:何でお前そういうこと言うかな~

髙:はっはっは(笑)街の中でその香りがフヮッてしたら「あれっ?」

有:うん(笑)

髙:「もしかして...」って思う(笑)

有:よくあるよくある(笑)よく言う、よく聞くやつねそれね(笑)

髙:ってことになるぞ(笑)

有:そうだよね(笑)まあまあ、でもそんなん気にしなくていいんす

髙:そうだね(笑)

有:うん

髙:別れることを考えて付き合ってる人なんて誰もいないから(笑)

有:そう、そうなの。えーっとそれで、香水どう?普段つける?

髙:普段はねぇ半々ぐらい俺は

有:そうか

髙:つける?

有:いや俺もね気が向いたときにだけつけたりするかな?

髙:うーん。男の人は毎回つけたりする人、まあお洒落さんぐらい?

有:お洒落さん?例えば圭人さん?

髙:圭人とか

有:山田とかね

髙:山田とか

有:山田もねつけるね!

髙:すごいつけるじゃん

有:うん

髙:ライブ中とかも

有:つけるねぇ

髙:うーん、そこまでは

有:先輩方とかにも多いよね結構

髙:あっそうだね

有:まっ誰とは言わないけどほら、エレベーター乗っただけでさ「あ!○○くん乗ったなこのエレベーター」

髙:「あ!亀梨くん!」って言うよね

有:あっうん。何で言うんだよ!!

髙:はっはっは(笑)

有:俺伏せた意味ねぇじゃねぇかよ!!

髙:はっはっは(笑)

有:ふっふ(笑)

髙:いやほんとねぇ亀梨くんの匂いマジいい匂いすんだよ!

有:いやほんとに!もう真似するJr続出みたいな

髙:ね!一時期だってJrね(笑)

有:はい(笑)みんな夢見たときあるよねぇ

髙:うん。真似してたよねぇ

有:真似してた真似してた

髙:ほんと、音楽もそうだけど香水もほんと思い出に残りやすいからね

有:そう!あとやっぱ香りってこう脳にさすごく良い刺激を与えるみたいでなんかリラックス効果にも

髙:あ~

有:繋がるみたいだからやっぱほんとお気に入りのね匂いを常日頃

髙:うん

有:つけて歩くのも

髙:まあでもね、香水はつけてく所を考えながらちゃんと量

有:TPOね

髙:うん

有:うん

髙:考えてつけてくださいね

有:そうね

髙:ご飯屋さんとかでね

有:そうだね

髙:すごい匂いとかされると

有:香りキツイとね

髙:うん、やっぱり周りにもすごい迷惑かけちゃうから

有:電車とかもそうだね

髙:うん

有:あと、なんかそのつけるコツというか最近聞いたのはねぇ

髙:なんかあんのコツって?

有:なんかあんの

髙:シュッシュッてやるんじゃないの?

有:やっぱみんな、どこにつけるじゃ髙木?

髙:俺はもう前からシュッと後ろにシュッだけ

有:あっ被るタイプ?

髙:うん

有:まったぶん多いのはやっぱ手首?

髙:あぁ、うん

有:につけて首につけたりとかね。まっもちろん匂いが広がるからいいんだけど、なんか俺が聞いたのはねズボン!

髙:え!?

有:膝とかにつけると丁度いいらしい

髙:ズボンの上からってこと?

有:でもいいし、膝の裏とか

髙:え〜!?

有:ご飯のときとかはそうすると

髙:微かな匂いってこと?

有:そう、あまり周りには迷惑はかけないみたい

髙:へぇ〜

有:っていうのを何かで聞いた気がする

髙:勉強になるわ~

有:らしいよ

 

 

 

有:じゃあ続いてのお便り紹介したいと思います

髙:はい

有:ラジオネームこすずさん。え〜私が最近初心者体験したことはゴルフです

髙:おお!!

有:えへ(笑)父が大のゴルフ好きなのですが私も話を毎日のように聞かされているうちに「ゴルフとはどんなものなんだろう?」と興味が湧き、先日父と一緒にコースを回りました

髙:お~!いいねぇ

有:あら。予想以上にグラウンドは広く、またゴルフをする際の服装などにも細かく決められたことがあったりしたのにも驚きでした

髙:うん

有:1度だけ試しに父のクラブも借りて打ってみたのですが残念ながら池ポチャにしてしまいました。クラブやパターにもいろんな種類があったり、また他に回っている人たちがいたら

髙:うん

有:その人たちがショットを決めた時も拍手してあげるなどといったマナーもあり

髙:うん

有:想像していたよりも紳士的なスポーツだなと思いました

髙:うん

有:まだまだ完全初心者の私ですがショットを打ったときの快感が忘れられないので

髙:分かる

有:しばらくは父の部屋にあるゴルフ練習用のミニ芝生で地道にトレーニングを重ねていきたいと思っています!

髙:いいね

有:ところで雄也くんは以前ゴルフにハマっているとベイジャンで話していましたがその後の調子はどうですか?ゴルフ中の日焼けも私はしてしまったので次からは日焼け止めも持参で行きたいと思っています!とのことです。髙木ゴルフ、超

髙:いいねぇ!いい父親だよ~!(笑)

有:何、ゴルフ好きだから?(笑)

髙:ゴルフ好きだから(笑)

有:いや、ほんと好きだよね髙木もゴルフね

髙:いや

有:最近ハマってるんだってね

髙:そう最近、今年入ってね

有:うん

髙:3月、4月ぐらいから始めて

有:あっそう

髙:うん。いやほんとにねぇさっき打ったときの快感って言ってたけど

有:うん、ショットのときのってね

髙:いやもうほんとにまさにそうなの

有:あっそう

髙:うん。1打目で打ったときに飛ぶと

有:うん

髙:止めれなくなる

有:へぇ〜

髙:気持ちいい~!!ってなって

有:てか俺さまだ俺そのゴルフ場にも回ったことないんだけど、ほんと気持ちいいらしいね

髙:いや、ほんとにねぇ何でやってなかったんだろうって後悔する

有:えっほんとそんなに?

髙:やり出すと。ほんとに思う

有:あっそう

髙:これはねでも結構やってる人みんな言うよ?

有:ふーん、だからみんなハマっちゃうんだね

髙:うん。やっぱあとマナーもすごい大切だから

有:紳士的なスポーツって言ってたもんねこすずさんも

髙:やっぱ良いショットとかあったとき後ろの人が早めに来ちゃったときとかは「ナイスショット」とかすごい言ってくれたりとか

有:「ファ~」とか?

髙:「ファ~」はなんかちょっとミスったときだけど(笑)

有:あぁ、それはあれなのね

髙:でもちゃんとそうやってマナーを守らないと

有:うん

髙:やっぱ入れなくなっちゃうこともあるからそのゴルフ場に

有:あっそう

髙:うん

有:へぇ〜。なんか服装とかもあるんだってね

髙:服装もあるね。襟が付いてないといけないとか

有:うん。デニムダメなんだっけ?

髙:デニムダメ

有:サンダルダメ?

髙:サンダルでそのカントリークラブに自体に入るのもダメだし

有:あっそうなんだ

髙:うん。あとゴルフでいいのは

有:いいのは

髙:性格が出るの

有:あっそう

髙:やっぱり半日

有:うん

髙:ずっと同じ人と回ってるわけだから

有:そうだね、うん

髙:やっぱねボロが出てきたりするから

有:それは何?プレー中じゃなくてってこと?

髙:プレー中に

有:あっプレー中に?

髙:やっぱミスったときとかにクラブを叩きつける人がいたり

有:あ~~。「チクショー!」とかね

髙:みたいな

有:うん

髙:そういう感じの人もいたりとか

有:人柄が出るんだね

髙:人柄がすごい出るんからそれを見に会社の人たちはゴルフに行ったりとか

有:あっだからよく接待とかでゴルフ使われんの?

髙:そう。接待ゴルフってのはそうやってそれを見たいから上司の人たちが

有:うん

髙:連れて行ったりってのもあるみたいです

有:へぇ〜勉強になった~。なるほどね

髙:そう

有:へぇ〜。すごいイイねゴルフ。髙木なんか最近ほら、なんかゴルフで使うアイテムなんかすげー喜んでしてたじゃん

髙:そう、今ね凄いのよ!

有:なに?

髙:なんかほんとにちっちゃい、手に収まるぐらいのものがGPSってのがあって

有:うん

髙:帽子に付けて

有:帽子のつばとかに?

髙:そう、つばとかに付けて

有:うん

髙:別に画面とかがあるわけじゃないんだけど

有:うん

髙:そこをピッて指で触れるの

有:うん

髙:そうすると衛星からそのゴルフ場の情報を全部ここに入れて

有:えっ!?怖い!

髙:怖い?(笑)

有:ふははは(笑)スパイみたい

髙:で、打ってまたその場所に行ったらまたそこをピッて触ると何ヤード飛んだとか

有:うん!

髙:カップまであと何ヤードとか全部教えてくれんの

有:えー何それすげーハイテクだね!

髙:すごい今ハイテクだよ

有:へぇー、そんなのもあるの!?

髙:うん

有:おもしろい、ちょっと興味持った!

髙:いや、ほんとにねぇやってほしい!だから俺もメンバーの前でゴルフの話めっちゃするの(笑)

有:あ、めっちゃするよね(笑)

髙:はっはっはっは(笑)

有:ほんとに、最近ほんとよくするよね(笑) 

髙:うん(笑)でもみんな興味持ち始めてきてるの

有:そうそうそうそう

髙:感じはあるの(笑)

有:だから興味がないわけじゃないの

髙:うん

有:機会がないのとやっぱり

髙:あ~

有:経験がないからさ、いきなりねゴルフ場行ったところでたぶん出来ないからさ。周りに迷惑かけちゃうから

髙:いや、最初はみんなそうだって。だから周りの人もやっぱ優しい人が多いから

有:うん

髙:そんなね「ああ、俺らもああいうときあったよなぁ」ぐらいの感じだよ?

有:あ~なるほどね。みんなが通る道なのね

髙:そうそうそう。だから全然気にせず行ってみてほしい

有:ほんと?でも実はシュミレーションゴルフとか打ちっぱなしは経験あるの

髙:へぇ〜、楽しかった?

有:楽しかった。気持ちいいね確かにすごく飛ぶとね

髙:うん、ストレス発散になるし

有:でもやっぱそのなんつーの、フォームとかがすごく難しくてさ

髙:そうだね。もうそれはやるしかない

有:そう、だからもうちょっと上手くこうボールに当てられるようになってからちゃんとゴルフ場に行きたいな。そんときは一緒に行こ

髙:そしたら一緒に行こ!

有:うん

髙:行こ

有:その、ピッてなんとかGPS貸してじゃあ

髙:OK、分かった(笑)

有:貸してくれんのね

髙:うん、貸すわ

有:優しいな...へへっ(笑)

 

 

 

有:じゃあ髙木続いてこれ

髙:え〜ラジオネームあず様からですね

有:おぉ

髙:私が最近した初体験は男性にネイルをしたことです

有:ほぉ~

髙:ネイリストの仕事をしてもう3年になりますが

有:はい

髙:男の人にネイルアートをしたのは初めてでした

有:はい

髙:といっても、10本全部ではなくお洒落として2本ずつとかでしたが

有:うん

髙:初めてだったので不思議な感じがしました。でもネイリストにとっては男性にもネイルに興味を持ってもらえるのはすごく嬉しいです

有:あ~

髙:髙木くんと有岡くんは男性のネイルをどう思いますか?

有:うん

髙:してみたいと思いますか?

有:うーん

髙:だそうです!

有:なるほどね

髙:興味ある?

有:う~ん...ふふふ(笑)でも先輩とかね

髙:そうだね

有:堂本剛くんとかね安田くんとかなんかしてるイメージがある

髙:あ~お洒落なね

有:そう、お洒落な人

髙:2本とか

有:というかHey! Say! JUMPも実はしてたよね

髙:ああ

有:瞳のスクリーンだよね

髙:そう、瞳のスクリーン

有:歌番組とかでやるときもさ

髙:うん

有:あの~右手の人差し指だけこう黒くマニキュアで塗って(笑)

髙:うん

有:で、星のキラキラしたシールを貼るっていう(笑)

髙:やってたねぇ

有:それなんかやってたよね

髙:うん。しかも自分たちで塗んないといけないんだよね(笑)

有:そう!それがまたね、まあ1回きりの歌番組とかだったら

髙:うん

有:全然いいんだけど。あの、コンサートツアーでもそれやってたからさぁその大変なんだよね。毎回毎回塗んのがね

髙:いや、ほんっとに大変。みんなベチョって手に付いたり(笑)

有:そう(笑)みんなヘタクソだからさ全然上手く塗れなくてさ

髙:もうめんどくさいヤツとかさぁマジックで(笑)

有:そう(笑)めんどくさくなったヤツはもうマジックペンで書いてたよね(笑)

髙:はっは(笑)あったねぇ(笑)

有:あった、マジックペン。「あっこれいいじゃん!!」つってみんなでマジックペンで塗って星のシール貼って。で、またコンサート中さいっぱい汗かくから落ちてくんだよねそれがね

髙:落ちる落ちる

有:あれはね。なんか細かく何でやってたかっていう説明とかしてなかったからちょっとファンのみんなも「何でJUMP、人差し指だけ黒いんだろ?」って思ってた方もいると思うんですが、瞳のスクリーンがそのなんか人差し指が目立つ振りだからって言って

髙:そう

有:やってみたんだよね

髙:うん。俺はでもねやってたからね(笑)昔ネイル

有:そうなの?

髙:うん、やってた

有:あっでも確かに俺、だってスカルプなんとかネイルとかジェルネイルとかを髙木に教えてもらったんだもん

髙:えっ?そうだっけ?

有:そう!俺その単語を俺、髙木の口から覚えたの

髙:そう、スカルプってやつをやってたの

有:そうそう!スカルプ(笑)

髙:あっはっはっは(笑) 

有:言ってた言ってた!スカルプ(笑)

髙:俺も2本だけとか

有:うん

髙:あと足の親指だけみたいな

有:どんなデザインのやつやってたの?

髙:あの~イギリスの国旗...

有:はい。うん、ユニオンジャック(笑)

髙:ユニオンジャックを(笑)

有:はい(笑)

髙:を、あの爪に書いてもらって

有:うん

髙:ラインストーンで

有:へぇ〜ラインストーンで

髙:そう。で、コンサート前とかそれをやって

有:うん

髙:コンサートとかやってたね

有:あっなるほどね。コンサートのときとかね

髙:やっぱたぶん先輩が、先輩たちがやってて

有:うん

髙:たぶんカッコいいなって思って

有:カッコいい。お洒落だよね

髙:それでたぶん真似したんだと思うんだけど

有:はい

髙:一時期やってましたね

有:やってた?

髙:最初行き始めたきっかけは 

有:うん

髙:爪が切れないっていう理由で(笑)

有:そうそうそう(笑)あったねぇ

髙:自分で爪が切れないから(笑)

有:そう(笑)

髙:毎回ネイルに行って

有:爪切ってもらってたんだよね

髙:爪切ってもらってた

有:そうなの、髙木自分で爪切れなかったよね

髙:うん。苦手だったの

有:怖かったんでしょ?

髙:そう、怖かった(笑)だから(笑)あの〜

有:聞いたことないよそんな

髙:あっはっは(笑)

有:髙木以外で(笑)

髙:爪切りに行って

有:うん

髙:で、なんかみんながやってるからなんか「ちょっとやってみてよ~!」みたいな

有:うん

髙:たぶんノリから

有:うん

髙:なんか

有:切ってもらったついでにちょっとやってみてって言ってね

髙:そう、そう。で、先輩とかもやってんの見て

有:うん。いいなぁと

髙:あ、やって大丈夫なのかな?みたいな

有:うん、ちょっと怒られんじゃないかってビクビクしながらでしょ?

髙:そうそうそうそう!

有:へぇ〜

髙:まあ、そんなこともありましたよ

有:おもしろいね

髙:うん

有:でもね今後もどんどん増えてくかもしれないね。男性のネイルとかもね

髙:そうだね

有:さあ、ということでまあ、初心者JUMPのコーナーは今日はここまでということで

髙:はい

有:まだまだねみなさんの初体験もの募集しておりますのでじゃんじゃんメールの方送ってきてください!

髙:はい!

 

 

 

 

 《おすすめの1曲》

 

有:さあ、それではここで僕、有岡大貴からのおすすめの1曲です!

髙:はい

有:え〜大知正紘さんで星詩です

 

 ~星詩/大知正紘

 

有:さあさあさあ

髙:はい

有:普段ね結構このJUMP da ベイベー!であの〜僕、有岡が紹介する曲は結構洋楽が多いのですが

髙:ね、俺も珍しいなと思って今

有:ね、ちょっと今回は変化球で

髙:いい変化球だと思う

有:邦楽も聴くんだよというのを

髙:はっは(笑)みんなに?

有:そう、アピールしたいと思ってね。ちなみにこの楽曲はあの〜車に乗ってるときかな?

髙:うん

有:移動中の車の中でラジオに流れてきて一気に好きになって

髙:あ〜ラジオってでもほんとあるよね!

有:ある~

髙:俺も車とか運転してるときに

有:うん

髙:「あっ良い曲!」ってなって

有:そう

髙:「なんだこれ!なんだ!」って調べてる間に終わっちゃうんだよ

有:そうなんだよ。だから俺そういう、例えば今あるじゃんスマートフォンのアプリとかでさ

髙:うん

有:こう、ね

髙:そう

有:音楽聴かせると何の曲か教えてくれるみたいな

髙:そうそう

有:それがでも間に合わないときとかはもうほんとラジオ局のホームページまでいって

髙:へぇ〜

有:何の曲がかかってたか調べるよ

髙:マジで!?

有:うん。有線とかでもやる俺

髙:すごいね!

有:うん。髙木は?

髙:俺?

有:うん。やらない?

髙:俺、BayFMだったらやる!

有:はっはっは(笑)

髙:はっは(笑)

有:なんかすごい強調して言ったね

髙:はっはっは(笑)

有:素晴らしい。さあ(笑)聴いていただいたのは大知正紘さんで星詩でした!

 

 

 

 

 《エンディング/胸キュンおやすみ》

 

有:さあ!Hey! Say! JUMPの有岡大貴と

髙:髙木雄也がお届けしました!

有:JUMP da ベイベー!略してベイジャン!今週もねたくさんのメールをいただきましたが

髙:はい

有:まだまだねみなさんからのメールお待ちしております!まあね、気付いたらたくさんコーナーできたんだよね

髙:そうだね

有:うん!ちなみにね来週は妄想Say!と例の

髙:あっ、きた~(笑)

有:ラジオドラマのあれ、やりますので

髙:きましたね~

有:だからみなさんのね妄想から生まれたドラマの台本だとかね

髙:うん

有:ぜひぜひこの番組まで送ってきてください!メールはJUMP@bayfm.co.jp、じぇいゆーえむぴーあっとまーくべいえふえむどっとしーおーどっとじぇいぴーまで送ってきてください!

髙:お願いします♪

有:さあ、そして最後にね僕たちHey! Say! JUMPの今後の予定ですが!先月、ニューアルバム「smart」を発売しましたがそのアルバムを引っさげてのツアーが8月からスタートします!え〜全国4会場、14公演となっておりますので来て下さる方はアルバムをたくさん聴いて僕たちと一緒に楽しんでください!

髙:はい!お願いします!

有:そして、え〜私事ではございますが有岡はですね19日から日本テレビ系ドラマ「金田一少年の事件簿N」に出演します!毎週土曜日夜9時から初回は2時間スペシャルとなっておりますのでみなさん楽しみにしててください!

髙:はい!楽しみ♪...えっへ(笑)

有:さあ、髙木は?

髙:えーっと僕はですね、明日

有:はい!

髙:12日から

有:とうとう

髙:え〜フジテレビの土曜ドラマ「水球ヤンキース」に出演します!

有:はい!

髙:毎週土曜日23時10分から23時55分までのドラマです!

有:はい!

髙:いやぁ!明日か!

有:ね、とうとうだね

髙:とうとうだねぇ。もうほんとにたぶん青春を感じれるドラマになってると思うし

有:うん

髙:イケメンがたくさん出てるから(笑)

有:そうですねぇ

髙:ほんとにねぇカッコいい人いっぱいいるし

有:うん

髙:可愛い女性の方も

有:うん

髙:いっぱいいるので

有:はい

髙:みなさん、カッコいいね男子のムキムキの体を見て(笑)

有:うん、自分でハードル上げたね

髙:ドキドキしながら

有:はい

髙:観てください!

有:まあでもねほんと素敵な夏

髙:はい

有:夏にピッタリのドラマですもんね

髙:はい!

有:楽しみです

髙:お願いします♪

有:はい!ということでJUMP da ベイベー!略してベイジャン!お相手はHey! Say! JUMPの有岡大貴と

髙:髙木雄也でした!

有:それでは最後はミントさんからの胸キュンおやすみでお別れです!

 

髙:明日、忘れ物すんなよ?俺への愛も忘れずにね♪

有:髙木も爪の切り方忘れんなよ?