読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今はまだちっぽけな花だけど…

JUMPさんの活躍を見守るのが生きがいなヲタクのblog Twitter @arichineru

【文字起こし】JUMP da ベイベー!14年8月2日

 

 【JUMP da ベイベー! 2014年8月2日】

名前が出てくるメンバー:八乙女光 山田涼介

メンバー以外で出てくる人:増田貴久 中丸雄一 堂本剛

 

 《オープニング》

 

有髙:こんばんしゃく!

有:さあHey! Say! JUMPの有岡大貴です!

髙:髙木雄也です!

有:さあJUMP da ベイベー!略してベイジャンのお時間です!

髙:フゥー!!!

有:さあ、まずは(笑)

髙:ふふ(笑)

有:こちらのメールをご紹介しましょう!

髙:はい、お願いします

有:え~ラジオネームまりれおさんからいただきました!

髙:センキュー!

有:有岡くん、髙木くんこんばんしゃく!

髙:こんばんしゃく

有:さあ、いきなりですが有岡くんは以前雑誌の伝言板でNEWSの増田くんに「まっすーと呼んでいいですか?」と聞いていましたが今は増田くんのことをまっすーと呼んでいるんですか?あっなるほど

髙:さあどうなんですか?

有:あのね、呼んでるはず

髙:呼んでんの!?

有:多分ごっちゃになってる

髙:へへ(笑)まっすーって言うときもあれば増田くんって

有:うん

髙:呼べないわ俺は

有:そう?

髙:うん

有:あの~実はねまっすーはね

髙:うん

有:「金田一少年の事件簿N」の

髙:はい

有:3、4話のゲストとして

髙:おお~

有:出てるんですよ。あの~鬼火島殺人事件っていうんですけど

髙:はい

有:それでねすごい現場ですごい仲良くなった、まあ勝手に思ってるだけかもしんないんだけど

髙:あはははは(笑)

有:すごくね気さくに話しかけることができて

髙:へ~。あっだからあれか前テゴマスのライブ行ってたじゃん

有:あっそうそうそうそうそうそう。そうなんですよ!テゴマスのライブも実はまっすーが招待してくれて

髙:へぇ~

有:来てよ!っていうことでだから僕も「Hey! Say! JUMPのライブも来て」って言って

髙:あ~

有:で、ドームのライブに来てくれたじゃん

髙:優しいな、まっすー!

有:優しいんだよ、まっすー!

髙:へへへ(笑)

有:お前(笑)

髙:ははは(笑)今、本人いないからさ(笑)

有:ふはははは(笑)

髙:ははは(笑)

有:でも平気だと思う。まっすー怒んない。まっすーそんなことで怒らない

髙:すごい優しいよね

有:優しいよ~

髙:楽屋とか隣になったときとかね

有:そう!MUSIC DAY

髙:うん

有:この前の日テレのねMUSIC DAYの控え室がNEWSとHey! Say! JUMPが隣同士だったんだけど

髙:うん

有:区切ってあるパテーションの隙間からねまっすーが何度かね顔をひょこって出してね

髙:(まっすーのモノマネで)「おはよ」

有:あは(笑)

髙:えへへ(笑)

有:Hey! Say! JUMPの様子をね伺ってね

髙:でも先輩がああいうことやってくれるとさ緊張もとけるんだよね

有:そうなんです。すごく和む

髙:うん。まっすーほんと優しい

有:そう。まっすーほんと優しくてさ、いろいろこうイジらせてもいただいてね

髙:ふふふふふ(笑)

有:「あのテゴマスのあの曲良いっすよね~あの~コンソメスープ」とか言って

髙:あはは(笑)

有:ミソスープじゃなくていろんなスープを言うっていう

髙:ツッコンでくれんの?(笑)

有:ツッコンでくれる。ちゃんと歌ってくれるからワンフレーズ歌ってくれる

髙:えっマジ!?

有:そう!

髙:え~

有:そうそう。あと、実はヒルナンデスのロケも一緒にまっすーと行ってきて、それもまあねすっげー楽しかった

髙:はは(笑)

有:移動中もすげー楽しかった

髙:優しいなぁまっすーは

有:ほんとに良い先輩だよね

髙:うん。結構JUMPみんな話しかけやすいよねたぶん

有:そう!俺ほんと中丸くんとまっすーはすげー話しかけやすい

髙:へへ(笑)もうなんかさ(笑)

有:えへ(笑)

髙:光くんもそうだけどさ

有:うん

髙:同期みたいに喋ってるもんね(笑)

有:はははは(笑)そうね(笑)

髙:「○○行った?」とか言って(笑)

有:そうそう(笑)ほんとにねまっすーはこれからも、あのご飯とかね行く約束も実はしてるんですよ

髙:お~連れてって~

有:髙木も行く?

髙:行く行く。行きたい!

有:じゃあちょっとまっすーに確認してみるね

髙:OK。ふはは(笑)

有:はは(笑)まっすーもほらbayfmでね毎週金曜夜11時から「MASTER HITS」っていうレギュラー番組やってるんすよ。知ってた?

髙:知ってますよ

有:だから僕たちの前ですね。どんぐらいやってんだろ?長いのかな?長いよね

髙:長い。長いよ

有:結構前からやってるよね

髙:結構前からやってる

有:じゃあご飯の時にほらラジオをどうやって盛り上げるかっていう相談をね

髙:聞こうよ!

有:できたらいいんじゃないの?ね、楽しみだね

髙:楽しみ

有:じゃあ是非とも行きましょう。ということでJUMP da ベイベー!今夜の1曲目にまいりたいと思います!

髙:はい!

有:Hey! Say! JUMPで明日へのYELL

 

 ~明日へのYELL/Hey! Say! JUMP

 

髙:え~今聴いていただいたのはですねあの~「水球ヤンキース」の

有:うん

髙:主題歌にもなっている「明日へのYELL」っていう曲なんですけど、え~ニューシングルで「ウィークエンダー」と「明日へのYELL」のダブルA面で2014年!9月3日!発売ということで(笑)

有:9月3日なの!?あっそうなの!?

髙:そうなの9月3日

有:9月3日、発売

髙:9月3日に発売される、「ウィークエンダー」はね金田一の主題歌でもあるので

有:うん。でもこの曲ほんとね「水球ヤンキース」にピッタリだよね

髙:うん。やっぱなんか

有:青春!って感じ

髙:青春を感じれる曲になってるんじゃないかなっと

有:そうそう

髙:思います

有:結構、実はこの前振り付けをね「明日へのYELL」の振り付けしたけど結構踊ってるね

髙:細かくて難しい!

有:難しいね振り付けがね

髙:ドラマは大胆なのにパンツ一丁になって(笑)

有:あはははは(笑)

髙:振り付け細かいからさ(笑)

有:はははは(笑)まあまあまあ、でもねカッコよくビシッとたぶんみなさんの前で披露できると思うので楽しみにしててください!

髙:9月3日に発売なのでみなさん是非買ってください!

有:はーい

髙:お送りしたのはHey! Say! JUMPで明日へのYELLでした

 

 

 

 

 《初心者JUMP》

 

有:さあさあさあ、bayfmからお届けしております。JUMP da ベイベー!略してベイジャン!をお聴きのみなさん、こんばんは改めましてHey! Say! JUMPの有岡大貴です!

髙:髙木雄也です!

有:さあ!続いてはこちらのコーナーにいってみたいと思います。いきますよ?

髙:はい

有:初心者JUMP!!

髙:ててってー♪ ふふふ(笑)

有:さあ、それではラジオ初心者の僕たちにちなんで、みんなが体験した初体験ものを紹介していくコーナーです

髙:はい

有:では早速僕、有岡から紹介していきたいと思います。ラジオネームちーまめさんから。私が初心者JUMPしたことはメガネを作ったことです。最近視力が悪くなりメガネデビューしました!メガネをかけている自分の姿を見た第一印象は「なんだか真面目そうだなぁ」という印象で鏡で自分の顔を見てもイマイチピンときません。メガネのレンズの形も今は色々なものがあるのにもビックリしました。ラーメンも食べる時にメガネが曇ってしまうのは結構自分でも笑えます

髙:ふふ(笑)

有:お2人はドラマでメガネをかけている役がありましたが雄也くんは知的なイメージ、大ちゃんは愛嬌がある感じが出ててとても似合っていて素敵でした。ありがとうございます

髙:ありがとうございます

有:伊達メガネをかけることなどもプライベートではありますか?また、女の子のメガネ姿はどう思いますか?メガネ初心者の私に色々なメガネトーク聞かせてください!とのことです

髙:メガネトークって(笑)

有:メガネトークいいねぇ、これはもう盛り上がりそうですけども

髙:盛り上がる?(笑)まあでもメガネ、俺は一時期なんかメガネをかけている人に憧れてメガネをつけてた

有:なに?どういうこと?憧れてたの?

髙:やっぱ真面目に見えるじゃん?(笑)

有:なに、メガネかけてる人に憧れて?

髙:そう、なんかカッコイイなって。無いものねだりだよね

有:なるほどね

髙:カッコイイ!って思って

有:目は悪くないんでしょ?髙木

髙:悪くない

有:ま、メガネね!俺も結構メガネには縁があるというか。ドラマ

髙:ドラマでかけてること多いよね

有:そう!多いんですよ

髙:ね

有:そう、あの~「エンジン」っていうね木村くんのドラマに出させてもらったときもメガネだったし

髙:そうだね

有:金田一でもねメガネかけてますしね

髙:超合金メガネ?

有:ちげーよ!形状記憶合金。あれすごいんだからねあのメガネ

髙:すげーよ(笑)あれ見たときビックリする(笑)

有:ビックリしたでしょ?俺もビックリしたから

髙:あははは(笑)すげー!って(笑)

有:あの「金田一少年の事件簿 香港九龍財宝殺人事件」のドラマであの~僕演じる佐木くんがねかけてるメガネが事件のキーとなってて

髙:うん

有:そう、山田がねメガネをクシャって

髙:そう、グシャッ!って

有:潰しちゃうんだよね。それを実は「大丈夫ですよ。形状記憶合金なんで気にしないでください」ってことで僕が熱湯をかけたらそのメガネがピピンッ!!って戻るんだよね

髙:そう(笑)あのメガネ超欲しい(笑)

有:あれすごいよね!もっとさゆっくりグニャ~フニャ~って戻ってくのかと思ったらさあまりの速さにカメラマンさんも笑っちゃってたからね

髙:あはははは(笑)あれすごいよね

有:あれすごいんだよ。形状記憶合金

髙:あれ欲しいよ頂戴?(笑)

有:え?あげないよ~あれ

髙:今もかけてんじゃん金田一で

有:そうそうそう。実は僕はプライベートでも結構メガネかけるんですよ

髙:うん。かけてるね

有:ね

髙:うん

有:この前もメガネ丁度新調したばかりで

髙:ふふふ(笑)

有:ちょっとフレームデカくしてみた

髙:度はいってるの?

有:度はいってるよ

髙:あっはいってるの

有:度もはいってる

髙:コンタクトのイメージがあったわ

有:日頃はコンタクトですけどお家ではオフモードという事でメガネ姿を

髙:あはは(笑)でもほら聴いてるみんなは「見たい!」って思うかもしれない

有:そうね

髙:ライブかなんかでかけなよ

有:まあなんか雑誌とかね

髙:あ、そうだね

有:でなんかメガネ姿とかお届けできるんじゃないかなと

髙:ふふふ(笑)

有:いつもの金田一の僕のとは違ったメガネ姿をね

髙:うん

有:髙木やっぱメガネよりサングラスの方が多いの?

髙:そうだね。サングラスの方が多い。でもメガネはかけたりする、伊達メガネ。でも俺レンズが入ってない

有:あっそれやめた方がいいよ

髙:何で?

有:レンズの入ってない伊達メガネ、女子受け超悪いらしい

髙:マジで!?すぐやめよ

有:山田が言ってた

髙:ふふ(笑)

有:山田が言ってた

髙:マジで!?

有:いや俺も山田がそれ言ってたから即行家帰ってレンズ入れた

髙:あははは(笑)

有:俺も伊達メガネ持ってるんだけどさ

髙:うん

有:山田が教えてくれてさ。マジかよ!?って思って

髙:へー

有:なんかダメなんだってさ

髙:ウソ!?

有:何でだろうね

髙:へぇーすぐやめよ

有:レンズ入れな、だから

髙:うん、レンズ入れるわ(笑)

有:なんで女子受け悪いんだろうなぁレンズ入れないと

髙:女子って分かんねぇーなほんと!

有:あはははは(笑)

髙:全然心読めない!(笑)

有:あははは(笑)じゃあ女の子のメガネ姿はどうよ?

髙:あ~でも普段かけてない人がやっぱサってかけたりすると「あっいいな」って思ったりはする

有:ギャップだよね

髙:うん

有:やっぱりね。髙木もなに?役でメガネかけてたんだって?

髙:そうだね

有:あっそっか

髙:滝沢くんと一緒にやってた

有:「HAMU」

髙:ドラマ「HAMU」。そう、「HAMU」でかけてたな

有:でも髙木あの(笑)メガネかけるとさ毎回さ現場とかねプライベートでかけてくるとさ

髙:うん

有:絶対周りのスタッフさんにさ「どう?頭良く見えるっしょ?」って言うよね

髙:あははは(笑)でも完全にそういうイメージなんだよね(笑)

有:まあインテリチックというかね

髙:うん

有:へぇー(笑)

髙:ふふ(笑)

 

 

 

有:じゃあ続いてのお便りにまいりたいと思います

髙:はい。ラジオネームさっちんさんからですね

有:はい

髙:私は中二の女子です

有:おお!

髙:私の初心者体験は初ジェラシーです

有:初ジェラシー...

髙:先日同じクラスに彼氏ができ、とてもハッピーな日々だったのですが

有:おお

髙:彼氏は女の子の友達とも普通に仲良くするタイプなのです

有:うーん

髙:初めのうちはみんなと仲良くするのはいいことだし気にしても仕方ないことかなと思っていたのですが、先日体育の授業で転んでしまった女子に対して

有:はいはい

髙:「大丈夫?」と優しく顔をのぞき込み

有:優しい

髙:頭をポンポン撫でて

有:ん?

髙:終いにはおんぶをして(笑)

有:ん~?

髙:保健室まで連れて行ってる姿を見て以来私のジェラシーは一気に爆発してしまいました。やっぱり私は付き合ったら彼女だけに優しくしてほしいと思うタイプなのですが2人はもし自分に彼女がいたら彼女だけに優しくしますか?

有:うーん

髙:ほかの女友達とも親しく話したりはしないように心がけますか?

有:うーん

髙:また、自分の彼女が他の男の人と会話をしていたりするのも私のように気になっちゃいますか?ジェラシーを感じやすいタイプかどうかも教えてください!

有:うん

髙:だそうです

有:なるほど。いやー、え~!まあねさっちんさんの彼氏だからあんま言いたくないけどさ

髙:うん

有:これ、体育の授業で転んでしまった女子に対して、まあ「大丈夫?」ってね優しく

髙:まあ「大丈夫?」は当たり前だよね

有:顔をのぞき込むまでは優しいなとは思うけど、頭をポンポンはね~

髙:ね~

有:これちょっとしなくていいよね

髙:うん

有:これきっと頭をポンポン撫でてる優しい俺カッコイイって思ってるよ。ポンポン撫でておんぶはちょっとね~

髙:でもさ同級生をおんぶするってすごくない?

有:すごい

髙:出来ないよねそんなこと。どっちとも付き合ってんじゃないの?

有:えー!!

髙:へっへっへっへ(笑)

有:まさかの?

髙:嘘だよ、嘘嘘(笑)

有:やめてよさっちんさんちょっとテンション落ちちゃうから。まあまあまあでもね、まあでもさっちんさんは正しいというか普通にねジェラシー爆発して仕方ないよね

髙:うん

有:髙木はどうなの?

髙:え?俺?

有:あの~まあ例えば付き合ってる女の人が他の男とすごく楽しそうに

髙:あ~

有:頭ポンポンされてたらどうする?

髙:ああ気になんないね俺は

有:え~!

髙:俺は平気だね

有:そう?

髙:うん

有:まあ俺もそんなに気になんないな

髙:全然気になんない(笑)

有:それ以上のなんかこう強い何かこう2人の絆みたいな何かこう芯の通ったぶっといパイプがきっと

髙:なんかドラマかなんか始まった今?大丈夫?(笑)

有:そんなことではもう、二人の関係は

髙:でもそりゃあもう歳を重ねてってできたものだから

有:まあまあ妬いて

髙:中学生だったら

有:妬いてなんぼでしょ?

髙:うん

有:ね。そういうジェラシーいっぱい感じて成長してくんですよ

髙:これを20歳とかでやってたらあれだけど

有:うん

髙:中学生だからいっぱい妬いちゃえ!

有:そうだね妬くことはいいんだよ

髙:夏だからね!(笑)

有:お前(笑)

髙:夏だからね!(笑)

有:うるせーよ(笑)なんで夏だからね(笑)さっちんさんもねこれからまたジェラシー感じることたくさんくると思いますがめげずにね彼氏仲良くやってってください!

髙:はい

 

 

 

有:さあということで続いてのお便りにまいりたいと思います!ペンネームほのめろさんからです!

髙:ワォ!

有:私の初心者体験は初めて多くのお客さんの前で話すということです。私は水族館に就職して一年経ちました

髙:おお!いいね!

有:そして7月からショーのMCを担当させていただくことになりました。私は人前で話すことが得意ではありません。学生時代も何度かみんなの前で話すことが多くあり、人前に出ると噛み噛みでセリフも忘れるという事もありました

髙:うーん

有:私のMCの失敗で折角来てくださったお客さんをガッカリさせたくありません

髙:うん

有:お2人はコンサートなどでお客さんの前で話すことが多いと思いますが、そこでどうすれば人前で話すときに緊張せずに話すことができますか?ぜひアドバイスをよろしくお願いいたします。とのことです

髙:うーん

有:まあね俺もね人前で話すことって実は緊張するんだよね

髙:いや、するよ!てかみんなするでしょ!

有:あのほらよくドラマとかさ

髙:うん

有:挨拶とかあるじゃん。クランクアップとかドラマ撮影全部終わりました、では一言ずつお願いしますみたいな

髙:あ~

有:俺もうああいうときすげー緊張すんの

髙:わかる

有:あと制作発表とか記者会見とか

髙:そうだね。記者会見とかはあんましないけど

有:しない?緊張

髙:しない、あんまり。ドラマのとかね

有:あ~

髙:は緊張しないけど

有:囲み取材とかさ

髙:囲み取材とかの方が緊張する

有:緊張するよね!

髙:まあでもそれは仕方ない。みんなするよ

有:まあね

髙:うん。緊張感持つことはいい事だから

有:吹っ切れることが大切だよ

髙:うん

有:吹っ切れちゃえば、あの~何も気にせずに結構スラスラ話せちゃったりする。色んなことがね気になってこれ言った方がいいのかとか

髙:あ~

有:これ言っちゃダメなのかとかそういうの気にしてるともううまく話せなくなっちゃう

髙:俺も決まりがあると

有:うん

髙:「これ絶対言ってね」って言われることあるじゃん

有:うん

髙:それがあるともう他の話が入ってこない全然

有:そうだよね。そうそうそうそう。あと「これ絶対言っちゃダメだよ」とか言われると

髙:うん

有:もうそれを言わないように言わないようにって守りの体制に入っちゃうからさ

髙:そうそう(笑)そうだねぇ

有:俺MCですげー緊張したのは

髙:うん

有:あの、SUMMARYってあったでしょ?夏の

髙:うん

有:夏にSUMMARYっていうね

髙:コンサートの

有:結構長い、二ヶ月間ぐらい

髙:もうショーみたいな感じ(笑)

有:そうショーをねやったんだけど、そんときにワンちゃんが出てくるコーナーがあって

髙:くくく(笑)

有:メンバーそれぞれに1匹ずつワンちゃんがいて

髙:はい(笑)ありましたね

有:それを仕切るっていうのを任されたのあれ超緊張した!

髙:くっく(笑)

有:だってさメンバーもただでさえ9人って多いのにさ

髙:うん

有:さらにプラス9匹の犬だよ?

髙:へへへ(笑)しかも通じないからね(笑)

有:そう!それをねこう仕切んなきゃいけないっていうのはすげー大変だったなぁ

髙:だってリハーサルの時もさずっと頑張ってMCしてんだけどさ

有:そうそう

髙:振付師さんにさぁ

有:超怒られんの

髙:「有岡ぁつまんねーぞ!」って(笑)

有:はっはっはっは(笑)

髙:MCでもう1回とかやった(笑)

有:そうそう。俺のためにもう1回みたいな。「有岡のMCためにじゃあもう1回練習やんぞ」みたいな

髙:「はい」とか言って(笑)

有:ホントに俺あれ心折れそうだったわー。心配しすぎて俺知念に「大丈夫かなぁ」ってメール送ったもん

髙:あっはっは(笑)

有:俺大丈夫なのかなぁって。じゃあ知念、「うん、気にしなくて大丈夫だよ~」って

髙:でも、ね、本番は大丈夫だったから

有:うん。おかげ様でね

髙:うん

有:いやほんと緊張した。でもねやっぱりねぇ水族館のMC、ショーのMCだからほんとちょっとまあ俺のワンちゃんと似てるとこが

髙:そうだね!

有:アシカとかそういうショーでしょ?イルカのショーとか

髙:うん。お客さんみんなアシカだと思えばいいじゃん(笑)

有:でもよく言うよね。人をみんなジャガイモだと思えとかさ

髙:そうそうそう

有:だからやっぱ気にしないことが大切なのかもしれないね

髙:うん。まあでも完全に決められたことを言わないといけないだろうから大変そうだよね

有:そうだね。あとはねお客さんの顔色とか盛り上がってるかとかそういうのもね気にしつつ

髙:あとは動物のタイミングもあるだろうから

有:うーん。まあハプニングもあるだろうし。まあ大変だと思うけどほのめろさん、21歳ということで

髙:うん

有:いや大変

髙:まあこれからだよ

有:緊張すると思うけど

髙:俺見に行くよ

有:・・・お前そういう生半可な気持ちで言うじゃないそういうこと

髙:ははは(笑)じゃあ行くよ!行ってやるよ!

有:ははは(笑)

髙:どこだ!場所送ってこい!

有:ははは(笑)

髙:へへ(笑)

有:まあほのめろさん頑張ってください。応援してます!

髙:はい

有:さあということで今日はね初心者JUMPここまでということで

髙:はい

有:まだまだみなさんの初体験もの募集していますのでみなさんどしどしメール送ってください!

髙:はい!

 

 

 

 

 《オススメの1曲》

 

有:さあそれでは、ここで髙木のオススメの1曲をお送りしたいと思います

髙:はい!

有:髙木お願い

髙:大原櫻子ちゃんで「頑張ったっていいんじゃない」

 

 ~頑張ったっていいんじゃない/大原櫻子

 

髙:大原櫻子ちゃんの(笑)

有:はい(笑)

髙:「頑張ったっていいんじゃない」

有:あれでしょ?水球ヤンキースの子だもんね

髙:水球ヤンキースで今一緒に共演させていただいてる

有:うん

髙:ですけど

有:いい声してるねぇ。上手いね

髙:上手いよ!ドラマの最中とかもさ

有:うん

髙:待ち時間のときとか

有:うん

髙:「歌ってよ!」みたいな

有:うん。言うの?

髙:言うと「えっいいんですか!」って逆に「いいんですか!」みたいな(笑)

有:「歌っていいんですか!」って?

髙:うん。で、歌ってくれたりするの

有:えー!

髙:すっごい上手い!

有:あっそう!

髙:CDをいただいてね

有:あっそう!

髙:それでいい曲だなって思って

有:うんうん

髙:今回流させていただきました

有:なるほど

髙:はい

有:いいじゃないですか

髙:お送りしたのは大原櫻子ちゃんで「頑張ったっていいんじゃない」でした

 

 

 

 

 《エンディング/胸キュンおやすみ》

 

有:Hey! Say! JUMPの有岡大貴と

髙:髙木雄也がお届けしました

有:JUMP da ベイベー!略してベイジャン!今日は初心者JUMPのねコーナーをお届けしましたけど

髙:はい

有:他のコーナーへのねメールや僕たちが出演しているドラマの感想とかもねぜひぜひ送ってください!

髙:はい

有:メールはjump@bayfm.co.jp、じぇいゆーえむぴーあっとまーくべいえふえむどっとしーおーどっとじぇいぴーまでお願いします!

髙:お願いします!

有:さあそして最後に僕たちHey! Say! JUMPの今後の予定ですが、いよいよ明日ですよ

髙:明日かぁ

有:Hey! Say! JUMP LIVE TOUR 2014 smartが

髙:はい

有:明日、8月2日大阪城ホールを皮切りにスタートします!

髙:はい!

有:まあ~~

髙:初日さ

有:うん

髙:緊張感ハンパないよね!

有:ハンパない。またね大阪城ホールってのも久しぶりだからね

髙:楽しみだなぁ

有:どういう感じになるんでしょうねぇ

髙:うーん

有:まあまあ僕たちもね楽しみにしてますので

髙:はい

有:みなさんも一緒にね弾けてもらえたらなと思っております。楽しんでください!さあそしてドラマの方も現在放送中です

髙:はい

有:毎週土曜日夜9時から日本テレビ系ドラマ「金田一少年の事件簿N」に僕、有岡大貴が出演しております

髙:はい!

有:まあこちらの方もねどんどんどんどん盛り上がっていきますので

髙:えへへ(笑)観てるよ!

有:観てる?

髙:観てるよ!いいねぇ

有:どうですか?

髙:やっぱり金田一は何であんなに面白いんだろうね

有:何だろうね

髙:へっへ(笑)

有:なんかこう映像とかはさカメラワークとかは最先端の技術とかね

髙:うん

有:踏み込んで新しい画になってるんだけど、BGMとかが結構ね昔の初代の金田一、堂本剛くんがやってた金田一の

髙:うん

有:音楽とかがすごい使われてて、なんかね新しい中にもちょっと懐かしさがあるというか。そんなところがねまさしくNEOなんじゃないかなと思っております

髙:へへ(笑)

有:さあ!同じ土曜日でね髙木のドラマも放送しておりますけども

髙:はい!毎週土曜日夜11時10分からフジテレビの土曜ドラマ

有:はい

髙:「水球ヤンキース」に出演しています

有:おお~。これもね先がすごい気になる。どうなるのかなって

髙:もうほんとに夏!にピッタシのドラマになってるからね。観るだけで自然とテンションも上がるし

有:うん

髙:すごいたぶんスッキリもできる

有:そうだね!

髙:作品なんじゃないかなっと

有:すげー楽しい

髙:はい

有:え、どう?プールさ撮影中大変でしょ?

髙:めっちゃくちゃ大変!夏だからいいんじゃんみたいな感じだけど

有:うんうん

髙:もう震えが止まんないぐらい寒くなる

有:あっ寒くなる?やっぱずっと入ってると

髙:うん。5、6時間入ってるからね

有:そんな入ってんのか!

髙:うん。だから寒くなっちゃうけど、まあでも面白い

有:どう?空き時間とかも水球の練習とかしたりすんの?

髙:いや、空き時間っていうかそのプールが毎日じゃないから

有:うんうん

髙:プールの前の日は一回どっかで練習してフォーメーションとか作ってから次の日本番とか

有:へー。水球のシーンとかすげー撮影大変そうだなって思っちゃうけど

髙:うん

有:すごくあの、スピード感あって楽しいね

髙:うん。和気あいあいと現場が進んでるから

有:はい

髙:そういうのも伝わっていったらいいなと

有:はい

髙:思います

有:じゃあぜひねよろしくお願いします

髙:「水球ヤンキース」です!

有:はい!ということでJUMP da ベイベー!略してベイジャン!お別れのお時間です。お相手はHey! Say! JUMPの有岡大貴と!

髙:髙木雄也でした!

有:それではラストとはこちらカミールさんからの胸キュンおやすみでお別れです

 

髙:ボンニュイ(意味:おやすみ)‥‥ (すみません!このあとのフランス語は聞き取れませんでした)

有:う~んボヘミア~ン!!

髙:はっはっはっは(笑)